上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンビアはアフリカの中でも各国からの支援を特に多く受けている
被援助大国の一つです。

そのため、JICA以外にも各国の援助機関やNGOの
活動内容に接することも多いです。

そんな中で、僕の学校も対象になった、
WFP(世界食糧計画)の「学校給食プログラム」について
援助された学校の中の人間から見たことを
少し紹介したいと思います。

この「学校給食プログラム」は、
子ども達の就学率の向上を目的として
学校に対して無料の給食を支援しているものです。

途上国の一部、ザンビアでも農村部の一部はそうですが、
親の学歴が低くて子どもを学校に通わせる意義を理解していなかったり、
学費を払うのが難しかったりすると、
せっかく地域に学校が出来たとしても、
家の手伝いなどのために子どもを学校に行かせないことがあります。

(実際は、「どうせ行ってもろくな授業がされない」とか、
 子どもが学校に来ない理由は他にも沢山あるのですが、
 それはまた記事を改めて…。)

そんな家庭に
「子どもを学校にやった方がいいですよ」
と説得したところで、行かせるメリットが理解されなければ
なかなか就学率の向上に結び付きません。

そこで「学校給食プログラム」では、学校に来るメリットとして
「給食」に着目します。
ザンビアの学校には、日本の学校に見られるような「給食」は
全寮制の学校でも無い限り見られません。
ですがお弁当を持って来ている生徒はごく少数なので、
お昼を食べずに学校に残っている生徒も多く見られます。

もし給食が無料で提供できるなら、
「給食が食べたいから学校に行く!」という気持ちが働き、
それだけで家庭にとっても生徒にとってもメリットになるため、
給食をきっかけに登校率が上がることが期待されます。
また、きちんと昼食を食べることは
栄養状態の改善、そして成績の向上にもつながります。

そんな訳で、「学校給食プログラム」は援助プログラムとしては有名で、
ポジティブな評価をされることが多いプログラムだと思っていました。
僕のカオンガ小中学校も、今年からその対象校に選ばれました。

先ず届いたのは、数トンに及ぶ大量のメイズと豆。

IMG_0619.jpg

ここで、メイズと豆が届けられたことには感心させられました。
何故なら、メイズはザンビアの主食シマの材料だし、
豆はシマの付け合せとして最もポピュラーなおかずだからです。

ここでもしも、援助国で作られた
「栄養価の高い特別ビスケット」などが配られたらどうなるか。
援助の費用の大部分が、先進国のビスケットメーカーに渡って
援助ビジネスを助長するどころか、
本来昼食に回されるだったはずの国内穀物需要を奪うことになり、
ザンビア国内の農家を疲弊させる結果にもなります。

そうではなくて、ザンビア国内農家からメイズと豆を買い取ることで、
農業への影響も考慮している。
メイズや豆を買う予算を配布するのではなくて、現物を支給することで、
そのお金が流用されることを防いでいる。
素晴らしいと思いました。


…ただ、これで上手くいく訳ないのがザンビア。

せっかく届けられたメイズと豆は、
1ヵ月経っても廊下に山積みにされたままで、
一向に使われる気配がありません。

原因は、調理する人と調理器具が無いからです。
WFPが援助してくれるのは給食の材料までで、
それを実際に給食に調理して、生徒に供給するのは
学校の仕事です。

調理員を雇おうにも、そんな金は無いと学校は言い、
メイズを煮込むための薪を買おうとしても、そんな金は無いと言います。
そして、じゃあどうしよう?という議論を誰もしたがらない。
話を切り出せば自分が給食担当になって仕事が増えるのを嫌がっているからです。

僕から見れば、毎日先生方に校費で振る舞われているお茶とお菓子など、
無駄な支出なんていくらでもあるので、
それを削ろうと職員会議で提案したところ、
「先生は働いて疲れてるから必要だ。それを無くしたら先生が学校に来なくなる。」
と大真面目に校長が答えます…。

結局、遅刻してきた生徒が罰として周囲から薪を集めてきて一度だけ調理したきり、
大量のメイズが給食として生徒にふるまわれることはありませんでした。

生徒は頻繁に
「いつになったら給食食べれるの?」
と聞いてきて、その度に先生は根拠も無く
「来週から」
と答えているだけです。

IMG_0635.jpg
メイズからシマを作る生徒達。遅刻の罰のはずだったのに、無料で食べれるとあってとっても嬉しそう(笑)

給食の材料だけでなく、
調理員の雇上費、調理の燃料代、食器代、
それらをマネジメントする先生への手当…、
そこまでWFPがお金を出して、また、
給食担当者の仕事内容まで事細かにWFPが
決めてあげなければ動かないのか、と思わされました。

いや、そんな「手取り足取り」してあげる必要なんて、
本来無いはずなのです。
そんな事をしてはザンビア側に実務能力が身に付かず、
援助機関が引き上げればゼロに戻るどころか、
次の援助に頼って自分達であるもので工夫しなくなる
援助体質を定着させるだけで、むしろマイナスです。

ベストは全てをザンビアが自分たちでやること。
給食を出した方がいいとザンビアが判断するなら、
その為の仕組みを作る努力をするのが筋でしょう。
援助機関の仕事は、その努力を裏方としてサポートするだけです。
(もちろん国によっては緊急援助などが必要ですが、
 少なくともザンビアはそんなステージではありません。)

でも、学校の先生たちから出る言葉は、
「WFPは調理員を雇う金を出さない」
というドナーに対する文句だけ。
これからどうするかの議論が全くありません。
甘やかされて育った子どものような言い分です。
自分で支援を申請したんだろ、自分でどうにかしろ、と言いたくなります。

 + + + + +

そんな中、放置してあったメイズと豆の山が、
学校から盗まれるという事件が起こりました。

盗んだのは、何と近くの学校の生徒。

数十キロのメイズを夜中にリアカーに積み込んでいるところを
現行犯逮捕されました。

盗んだ学校の生徒は思っていたことでしょう。
「何であの学校だけただでメイズがもらえるんだよ。」
と。援助用語でいうところの「ジェラシー」です。

そしてうちの学校では、先生方が
「こんなことなら自分たちが売ってお金にしてしまえば良かった」
とブツブツ不平を言いながら、
残された大量のメイズは未だ使われる気配が全く無く数カ月が過ぎています。
このまま、ただ腐るのを待つのでしょうか。
それとも、適当に先生方のお昼ご飯になるのでしょうか。


日本の皆様、途上国にモノやお金を寄付しようと思う際には、
どうか現地の状況を熟考して慎重に…。
スポンサーサイト

【2011/11/22 22:24】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |

たんなるおもいつき
すずとも
生徒構成の「給食委員会」つくって交代で調理させるとか?
薪などは生徒が家庭から一本持ってこさせればいいのではないかと思いつきました。

生徒会を組織しようと考えているボランティアより。

コメントを閉じる▲
先日のブログでもお伝えした通り、
現在ザンビアは5年に一度の大統領選挙の真っ只中です。

9月20日に投票が行われ、そして木曜深夜、ついに結果が発表されました。

その前に今回の選挙の構図を簡単にまとめておくと、
与党が、現大統領ルピア・バンダ氏率いるMMD(複数政党制民主主義運動)。
それに対抗する主要な野党が、
PF(愛国戦線)とUPND(国家開発統一党)となっています。

ザンビア全体で見ればMMDとPFの一騎打ちと言える状況なのですが、
僕の住む南部州ではUPND支持者が圧倒的に多くなっています。

現与党のMMDは1991年以来20年間に渡って
ザンビアの政権を握っていました。

前回の選挙ではMMDがPFに僅か数パーセントの差で勝利したとあって、
今回も接戦が予想されており、
選挙前はザンビア全体が不安定な雰囲気になっていました。
各地で政党間の衝突が起こって道路が封鎖されたり、
選挙当日も投票箱が強奪されて
投票用紙が燃やされるという事件なども起こったそうです。

その選挙の結果はというと…、

PFが勝利し、20年ぶりの政権交代が起こりました。
ザンビアの新しい大統領は、
バンダ氏に代わってマイケル・サタ氏になりました。

本日、首都ルサカではサタ氏の大統領就任演説とともに、
バンダ氏の敗北宣言も出されたようです。

そのため、ルサカは朝から祝賀ムード。
ほぼ全ての商店が閉鎖されて、
就任演説が行われている付近は身動き取れないほどの人混みだそうです。
JICA事務所長も就任演説に呼ばれたものの、
あまりの混雑に会場まで辿り着けずに諦めて帰ってきたらしいです(笑)。
JICA事務所も急きょ早めのクローズです。

data.jpg
ザンビアの新大統領マイケル・サタ氏。
写真はBloombergより。
http://www.bloomberg.com/news/2011-09-23/opposition-leader-sata-wins-zambia-s-presidential-election-1-.html

ザンビアの選挙は明確なマニフェストが
打ち出されて行われるわけではないので
今後の具体的な政策は分かりませんが、
PFはMMDよりも保守的で、資源権益を守るために
中国企業の進出に制限をかける等の可能性もあるとのことです。
これからザンビアはどこに向かっていくのでしょう。
ザンビアが「資源の呪い」に罹らないことだけは切に祈ります。


 + + + + + 

UPND支持者が多いはずの我が町マザブカでも、
今日はみんながお祝いモードです。
道路にはクラクションを鳴らしながら
ブブゼラを吹く車が走り回り、
学校も朝からその話題で持ちきりで、
授業をする雰囲気では全くありませんでした。
そもそも生徒も1割くらいしか来ていません。
僕と、もう一人の先生だけが8クラス分の生徒を
一つの教室にまとめて授業を行いました(^^;

IMG_0744.jpg
僕のボスにあたる先生はこんな格好で当校
胸には大きく"YOUR VOTE IS YOUR RIGHT"の文字

「マザブカはUPNDでしょ?
 PFが勝ったのに何故みんなこんなに喜んでるの?」

と先生方に聞いてみたところ、

先生A「MMDが勝ったらPFが暴動を起こす可能性があった。
 PFが勝ったから平和に選挙が終わった。
 平和が訪れたから喜んでるんだ!」

先生B「誰だって自分が勝ったと言って騒ぎたいでしょ?
 だから、みんなPF支持者に今日は乗り替わったのよ♪」

何とも平和な、ザンビアらしい答えです:)

学校に来ている数少ない生徒達も
「新しい大統領が来だ!!」と興奮気味。
PFのシンボルである、拳を突き合わせる挨拶をみんなでやりました。
日本だったら、選挙の結果一つで中学生がこんなに盛り上がるなんて
絶対にあり得ないよなぁ…。
政治への関心という点では、日本よりザンビアの子どもの方が
遥かに民度が高いように思います。

植民地分割の結果として国境線が引かれ、
部族主義と利権が絡み合うアフリカ諸国では、
このように選挙を通じてスムーズに政権交代が行われる例は
大変貴重なものだと思います。
まだまだとはいえ、ザンビアがアフリカの中で
「民主化のお手本」と言われているだけあります。

歴史の節目に居合わせたような気がして、
何とも不思議な気分です。

さて、日本ではこのニュース、
どのくらい流れているのでしょうか?




【2011/09/24 13:27】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |
今回は、僕の街での暮らしをご紹介したいと思います。

「アフリカって、土で出来た家に住んでるんだよね?」
と聞かれたことがあります。

はいその通りです。こんな感じですね。

ザンビアの伝統的家屋
ザンビアの伝統的な家屋

農村部の住宅はまだまだ多くがこんな感じですが、
都市部の暮らしは全く違い、首都ルサカにはアパートのような集合住宅すらあります。
ただ、僕ら隊員はさすがにこんな家で暮らしている訳ではなく、
安全管理上色々と問題があるので、
コンクリート作りの普通の家に住まわせてもらっています。

それでも、日本で新しい家に住むのとは勝手が違い、
赴任当初は生活環境を整えるのに一苦労でした。

最初に揃えなければいけなかったのが「家具」。

日本のように家具屋さんがあって、
そこに行けば完成品から選べる訳ではありません。
基本的には全てオーダーメイド。
大工さんにお願いして、一つ一つ交渉して作ってもらうことになります。

P2030083.jpg
マザブカにある大工さんの集まり

IMG_7209.jpg
ここに行って家具を作ってほしい旨を伝えて

P2210050.jpg
家具の種類や寸法を相談します

大型家具を自宅に揃えられるような人は少ないので、
こうしてオーダーメイドにした方が効率的なのでしょうね。
どんなクオリティの家具が出来てくるか非常に不安だったのですが、
出来上がった家具は期待以上の仕上がり!!

IMG_0442.jpg
自分の「作品」の前でポーズをとる大工ジャクソン

IMG_0439.jpg
椅子も作ってもらいました

IMG_7275.jpg
輸送はもちろん人力です(笑)

マザブカに限らず、
ザンビアはどこの街でもこんな感じで
家具は大工さんに作ってもらうのが一般的なようです。

家具事情一つとってみても、大きさから木の種類まで指定して
値段交渉から始めないといけないのがザンビア。
こうした買い物方法に慣れてしまうと、
誰とも会わずにボタン一つで買い物が済んでしまう日本の仕組みを、
何だか味気なくも思います。

【2011/09/11 15:59】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |
今回は宗教についてのお話です。

ガイドブックなどには「90%がキリスト教徒」と紹介されていますが、
実際の感覚としては、ザンビア在住の外国人を除けば
ほぼ100%がキリスト教徒ではないかと思うくらい、
ザンビア人はとても敬虔なクリスチャンです。

学校でも朝の朝会やミーティングの前後には
必ずお祈りの時間が入るし、
週末になれば誰もがおしゃれをして教会に行きます。

教会も多種多様で、西洋式の立派な教会もあれば、
学校の教室を休日に借りているだけの教会、
空き地で青空礼拝を行っている教会、
下の写真のようにテントで作った教会まで様々です。

IMG_0461.jpg
同僚の先生が通っている教会

IMG_0459.jpg
中には老若男女30人くらいが集まっていました

IMG_0458.jpg
教会の中はこんな感じ

大人はともかく、子ども達にとっては
キリスト教徒でない人が存在することなど信じられないらしく、
「Mr.Kiryuは日本でどこの教会に通っていたの?」
とよく聞かれます。

僕の場合は日本でも英語を習うために
6年間ほど教会に通っていたので
適当に話を合わせることもありますが、
うっかり「日本ではキリスト教徒はそんなに多くない」
などと言ってしまうと、
「じゃあ君たちは神を信じていないのか!」
と論争が始まること間違い無しです。

「日本人が信じている神は何か」
「神でなくて誰が人間を創ったというのか」
等々の話題は、どこに行っても定番です。

教会が学校等を運営しているケースも多く、
ザンビア人の生活の隅々に
キリスト教は沁み込んでいます。


 + + + + +


学校でも、その事実を再確認する
面白い出来事がありました。

ある日の理科の授業中。
「細胞」の単元を教えようとして、

「人間も植物も沢山の_____から出来ている」
という問題を出して、
下線部に当てはまる言葉を聞いたことがありました。
もちろん僕は「細胞」という答えを期待しています。

普段以上に元気よく挙がる子どもたちの手。
おぉ、さすがにこれは簡単だったかなと思って
生徒の一人を指名すると、迷わず彼は答えました。


「土(soil)!!」


土(soil)……(・□・;)???


周りの生徒達も一斉に「Yes, yes!!」と言って彼に賛同してます。
この子は何を言っているのだろうとあっけにとられていると、
彼は続けました。

「神様は人間を土からお創りになられました。
 私たちは土から出来ています。」

僕をからかっているのでは全く無く、
真剣そのもので彼は説明してきます。

後で他の先生に聞いたところ、
中学生くらいであれば
人間は本当に土から出来ていると考えてるそうです。

「宗教の時間なら正解だけど、理科の時間なら不正解」

なんて言ってしまったら
生徒からの大ブーイングにあうのは目に見えていたので、
仕方なく

「確かに最初は土から作られました。
 でも今は、みんなの体と校庭の土は全く同じじゃないよね?
 どんな風に違うかな?」

と無理やり丸め込みました。


 + + + + +


宗教が違うっていう事は、
世界の見方が違うという事、
生きる意味、死ぬ意味が違うという事。

タイやラオスに行っていた時は
仏教をもっとよく勉強しなければ
彼らの思想を理解することは出来ないと感じていましたが、
それはザンビアでも同じ。
ザンビアのキリスト教をもっと良く知ること抜きに、
彼らを知ることは出来なさそうです。

【2011/06/06 20:35】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |

ザンビアの礎の石孤児院
あかり
ザンビアに行かれたのですね。素晴らしいブログ愉しくみました。ザンビアの子供達は、親がなくても明るいです。
イエス様が彼らの中に住んでおられるからでしょうね。
PRAISE THE LORD.

コメントを閉じる▲
閑話休題。
先日、学校に献血車がやってきました。
日本では見られない面白い光景だったので、ご紹介します。

 + + + + +

ザンビアで手術などを行う際、
輸血用の血液の確保はどうしているのだろうと疑問だったのですが、
まさか学校にまで献血車が来ているというのは意外でした。

いや、むしろ人口密度の低いザンビアでは、
日本のように都市に献血センターを設けるよりは、
こうして学校等を回った方が効率的なのかもしれません。

献血をしたい生徒は希望制で、一般の教室を利用して行われました。
「あなたも献血しなさいよ!」
と献血所のおばちゃんに僕も献血を勧められたのですが、
衛生管理が非常に不安だったので、
「予防接種を打っているから出来ない」
と言い訳をして辞退しました。

IMG_0429.jpg
必要機材を教室の机の上に乗せて

IMG_0424.jpg
問診をするところからスタート。
質問項目は日本とほぼ一緒でした。

IMG_0431.jpg
消毒をして、

IMG_0436.jpg
こんな風に自分で持ちながら血を抜きます。
1回の献血量は450mlとちょっと多め。

IMG_0426.jpg
献血した後にジュース等がもらえるのも日本と一緒♪


血液の入った袋を、
献血所のおばちゃんが直接土足で蹴り飛ばして運ぶなど、
衛生観念には違いも感じましたが…。

また、例の如くこうしたイベントは通常授業時間に行われるので、
献血ルームとして教室を使われたクラスは、
この日一日授業が無くなります。
献血に来ていた生徒達も、授業欠席です。

それでも、こうして国の中で命を支え合う仕組みがあるのは立派!!
今日生徒達から集められた血液によって、
一人でも多くの患者さんが救われることを願います。

【2011/03/07 17:48】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。