上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前のブログで、ザンビアの学校には実験器具が全くそろっておらず、
理科の授業では実験が行われていないことをご紹介しました。
と言っても「教科書に載っているような高価な器具を使った実験が出来ない」だけであって、
市場やスーパーに売っているものを使うだけで出来る実験は沢山あるし、
そうしたアイデアは日本の理科の先生によってこれまでに膨大な数が開発されています。

IMG_1492.jpg
ペットボトルの蓋で作った顕微鏡で植物細胞を観察する生徒

自分の学校では、自分の授業に実験を取り入れたり、
同僚の理科の先生に手作り実験器具を紹介したりしているのですが、
自分の学校の先生だけに伝えていたのでは大きく広がることは無いと思い、
今学期から配属先の学校以外にも活動を広げることにしました。

幸いなことに、僕の住んでいる街マザブカは人口の多い街で、
徒歩圏内に行ける学校が沢山あります。
そこで、理科の先生と中高生を対象に、
身近なもので出来る理科実験を学ぶワークショップを、
各学校を巡回して開催することにしました。

IMG_1477.jpg
演示実験をしているところ

こうして実験を紹介する活動は、
他国の青年海外協力隊の活動としては割とメジャーなのですが、
ザンビアでは様々な理由から前例が無いようだったので、
先ずは自分の町から始めてみることにしました。

「ザンビア人の先生に実験を取り入れる意義を理解してもらうのは大変だと思うよ…」

とJICAの方からは言われていたものの、
いざ準備をして各学校に飛び込み営業をしてみると、
予想は良い意味で裏切られました。

どの学校も
「そういう提案なら大歓迎だ。明日にでもやってくれ。」
と拍子抜けするくらい前向きな反応をしてくれて、
実費+αの開催料を取ったにも関わらず、
ワークショップの実施先に困ることはありませんでした。

手作り実験セット一式を段ボール箱に詰め込んで、
学校の先生と、生徒向けに、実際に実験を見せて、可能であればやってもらいます。
1回約2時間半のワークショップで紹介する実験は5~10個。
「サイエンス・キャラバン」と自分たちで呼んでいます。

5月に新学期が始まってから準備を開始し、
先週までに5校でワークショップを実施することが出来ました。
参加してくれた先生は総勢15名、
生徒は400人くらいかと思います。

P7130122.jpg
大気圧を実感する定番の実験「マグデブルグ半球」

IMG_1528.jpg
紹介した実験をやってくれているザンビア人の先生

反応は概ね良好で、先生同士で噂が広まり
「次はうちの学校に来てくれ!」
と、この上なく嬉しい声をかけられたこともありました。

自分の学校ばかり見ていたせいで、
それがザンビア人教師の平均像であるかのように思い込んでしまっていましたが、
「良い授業をしたい。そのためのアイデアが欲しい。」
そう思っているザンビア人教師は決して少なくないことに気づきました。

でも、ネット環境も悪く外国書籍も殆ど無いこの国では、
そう思った時に新しい情報を仕入れる術が無いのです。

だったら先ずは、HowではなくWhatを。
広がる枠組みでは無く、模倣の対象になるに値するアイデアそのものを。
守破離の「守」の段階を、提供したらいいのではないか。
そう考えています。
(ザンビアの学校ではすぐにCompetitionを開催したがりますが、
 調べる手だても基本的な知識も無い中で競争させても
 無意味だと個人的には思っています。)

ただ、このペースで1校1校巡回指導したところで、
あと1年半で訪問できるのはせいぜい30校。
ザンビアにある約8000校のBasic Schoolの1%にも満たない数です。
インパクトを広げるにはやり方を大きく変える必要があると思っていますが、
マザブカで活動する同期隊員と二人、走りながら考えていこうと思っています。

P7130148.jpg
ワークショップ開催先の生徒達と
スポンサーサイト

【2011/07/24 17:16】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |

髪伸びたーー
ayano
実験たのしそう!
桐生先生白熱してるね☆
そして桐生髪伸びたーー

コメントを閉じる▲
再び、僕のやっている活動についての紹介です。

ザンビアの公用語は英語のみなので、
学校の授業は全て英語。
教科書やテストも全て英語で書かれています。

しかし、英語は彼らにとって母国語ではなく、
地域ごとに異なった部族語(72~73種類あると言われています)が話されています。

そのため、ザンビアの子ども達は
家でも学校でも一生懸命英語を勉強しています。
中には流暢に英語が話せる生徒もいるのですが、
中学生レベルだとまだまだ苦手な生徒も多いようで、
英語に触れることの少ない家庭環境で育った子は、
全くと言っていいほど喋れない子もいます。
(それはつまり、学校で先生や友達が
 何を言っているか全く理解できないことを意味します…)

先生やクラスメートがどんなに分かりやすく説明しようとしても、
そもそもその説明が言語として理解できない。
深刻な問題です。

ザンビアの言語問題はまた記事を改めて詳しく触れるとして、
何とかして彼らが英語に触れる機会を増やすことは出来ないかなと考えました。

そこで今学期から始めた活動の一つが、
「図書館活動」です。

英語の上達のためには英語に沢山触れることが不可欠ですが、
教科書は高価で誰もが買えるものではありません。
そこで、英語の本を無料で貸し出せないかと考えました。

というのも、僕の学校には、
使われた形跡の無い外国の本が何冊も埃をかぶって
棚の奥に押し込まれたままになっていたのでした。
話を聞いてみると、何年も前に外国からの援助でもらった本とのこと。

ここでもまた、「使われてない援助」を目にすることになりました。
これは僕の派遣されている学校に限らないと思います。
外国から援助で色んな物が流れ込んでくるものの、
現場で使いきれずに結局ただのゴミになる…。

これを活用しない手は無いと思い、
職員室を改造してミニ図書館を作ることにしました。

大量の書類に埋もれた棚を整理して、
本の在庫を確認して図書リストを作り、
図書カードも作りました。

DSC08232.jpg
ごみ倉庫と化していた職員室の棚

DSC08233.jpg
整理してミニ図書館に

IMG_0577.jpg
図書カードも作成

また、生徒に沢山本を借りてもらうために、
沢山借りた生徒を表彰したり、
授業の際に本を持って行って宣伝したりした結果、
2か月間で160人以上の生徒が図書カードを作って本を借りていってくれました♪
需要はある!

他の先生へも理解してもらうために、
わざと先生方も集まる全校朝会で宣伝したりしています。

現実問題として、英語で書かれた本が読める子は少ないので、
借りていった多くの子は写真や図を眺めているだけかもしれませんが、
最初はそれでいいと思っています。
先ずは本に慣れ親しんでもらわねば!!

 + + + + +

…ただ、うまくいくことばかりではありませんでした。
中には偽名を使って図書カードを作ろうとしたり、
返してないのに「もう返した」と言ってきたり、
本のコピーを持って来て「これが原本だ」と見え透いた嘘をついてきたり、
あの手この手で借りパクを試みる生徒は後を絶ちません。
驚いたのは、本の中身をナイフでくり抜いて、
「最初からこうなっていた」と言って持ってくる生徒がいたり…。
他の先生の話では、本を盗んで生徒が市場で売っているとのことです。

怒りを通り越して、何でこんな事が出来るのか
悲しくなってしまうようなこともありました。
これまで、公共の物の使い方をどれだけ
教えてもらえなかったのかが垣間見れるようで切なくなります。
授業をつぶしてVandalism(公共物破損)について指導したこともありました。

図書館を通じて、公共の物を使うルールと責任も
少しずつ伝えていけたらと思っています。

【2011/07/24 16:28】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |
現在、僕は自分の学校では理科と数学の授業を行っていますが、
ザンビアの理科授業は(ザンビアに限らず途上国の多くがそうだと聞いていますが)、
実験器具の不足や教員の知識不足のために、
授業中に実験が行われることが殆どありません。

黒板に書かれた内容を暗記することが勉強の中心で、
例えば
「石灰水に二酸化炭素を吹き込むと白く濁る」
といった基礎的実験すら、
黒板に書いて終わりです。
生徒はその文章を丸暗記するだけです。
恐らく、その現象に対するイメージは何もなく、
お経のように文章を覚えているだけなのでしょう。、

実物を見ないと理解できないだろうし、
そもそも無意味でつまらないだろうに…、
と勿体無く感じます。

それに、
「なぜその結果が得られるのか」
「なぜその実験を行う必要があるのか」
といった肝心のところが
殆ど無視されて、見たこともない実験器具や薬品の名前を、
ただ丸暗記するのが「理科の勉強」と思われているのが現状です。

でも、「道具が無いから実験が出来ない」というのは
現地の先生の言い訳のようにも感じてしまい、
身の回りの道具を使うだけで出来る実験なんて沢山あるはずなのです。

そんな背景から、自分の授業ではなるべく実験を取り入れて、
考察する時間も増やしたいと思っているのですが、
実験器具が十分ではなく、50人の生徒が相手だと
一方的に見せるだけになってしまうことも多いので
(すいません。自分の技量不足の言い訳です…)、
実験を行った時は放課後に興味のある子を集めて、
実験教室を行うことにしています。

こちらの写真は、以前行った「呼吸」の実験。
IMG_0407.jpg

みんなでゴミ捨て場からペットボトルを拾ってきて
風船とストローをくっつけて肺の模型を作ってみたり、
石灰水を作って息を吹き込んでみたり、
日本だったら当たり前に行われている特段珍しくも無い実験です。

それでも、生徒達はおおはしゃぎ!
教室が無くて屋外で実施したために、
低学年の生徒達や、他教科の先生もやってきて、
若干収拾がつかなくなりそうになりました(^^;


大気圧&水の状態変化を利用して空き缶を潰す実験
IMG_0469.jpg


気体の熱膨張で紙コップを吹き飛ばす実験
IMG_0624.jpg


これだけ盛り上がってもらえるとやりがいもあります。
適切な実験を取り上げれば、普段は発言しない生徒も
「どうしてそうなるの?」ってどんどん聞いてきます。
また、以前はもっと奇抜なアイデアの実験を紹介しなければと考えていて、
自分の知識の引き出しの浅さに不安もあったのですが、
「日本だったら当たり前のことでも、こっちの子ども達や先生には新鮮なんだ」
と気付くと気持ちが楽になりました。

幸いなことに、途上国でも行える実験の工夫の数々は、
世界中の理数科教師の先輩方の資料が残っています。
「身近にできる科学実験」の類の本は日本では山ほど出版されており、
ネタに困ることはありません。

今後は、そうした諸先輩方の蓄積に加えて、
自分でも色んな所から新しいアイデアを集めてきて、
「理科ってオモシロイ!」
「何でこんなことが起こるの?!」
と興味を持ってもらえるような内容をどんどん行って
周りに広めていきたいと思っています。

【2011/07/17 15:45】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |


katabiranotsuji
この8月12日に、ガーナに理科実験の指導でシニアボランティアで、ガーナに行っておられる先生と会います。JICA教員派遣の仲間で、金沢や静岡からも当時の仲間が大阪に集まって報告会を開くという感じです。楽しみです。頑張ってくださいね。

コメントを閉じる▲
先日のブログでも書いた通り、
3.11東日本大震災の経験をザンビアでも伝えられないかと考えてます。

その一環として、期末試験が終了した一学期の終業式の日に
希望者を集めてワークショップを開催しました。

参加してくれたのは、生徒・先生合わせて20数名。
他隊員の方々の参考のためにも、内容を簡単にご紹介します。


≪アクティビティ1:日本ってどんな国?≫
ザンビアでは、日本と中国が別の国だと認識している人の方が少ない位で、
ましてや、どんな国かなんて全くと言っていいほどイメージが無いのが現状です。

日本を発つ前、会社の先輩に、
「ザンビアでは日本人は鎧兜を今でも着ていると思っているのかね~」
と言われたことがあったのですが、それどころではありません。
町中に走っているTOYOTAが日本の会社であることすら
知らない生徒が大多数です。
学校の壁に描いていある世界地図には、日本がありません。

なので最初に、地面に大きな地図を描いて日本の位置を紹介したり、
「日本からザンビアにやってきているものは次のうちどれ?」
「日本とザンビアの人口はどっちが多い?」
など、クイズ形式で日本に関する基本事項を確認したりしました。


≪アクティビティ2:地震のニュースを見てみよう≫
続いて、地震の起こる仕組みを
講義形式で説明した後に、
・地震の現状を伝える世界各地の報道
・外国から送られた日本への応援メッセージ
の動画をみんなで見ました。

悲惨な状況を伝える内容の写真や動画は
いくらでも手に入るものの、
普段ニュースなど殆ど見ていないであろう子どもたちに
どこまで見せるべきか悩んだのですが、
真っ黒な津波が街を飲み込んでいくシーンは非常に衝撃的だったようで、
涙ぐみながら画面を見つめる生徒もいました。


≪アクティビティ3:わたしの気持ち≫
日本という国のこと、地震の概況が分かったところで、
それを受けて一人一人が感じたことを共有しました。

「悲しい」「びっくりした」「自分には関係ない」など、
15個の気持ちを書いたワークシートを用意して
自分の気持ちに近いものを3つ選んでもらいました。
その後、グループになって互いの答えを見せ合い、
話し合ったことを全体で共有しました。

DSC07866.jpg
お互いの「気持ち」を見せ合う生徒達

生徒の書いてくれたワークシートの一例を紹介します。
自由回答欄の中に「泣きそうな気持だった」
と書いていた生徒が数人いました。

無題
生徒のワークシート例


≪アクティビティ4:わたしに出来ること≫
続いて、日本の為に「ザンビアから自分に出来る事って何だろう?」
という問題を考えてみることにしました。

全体でいくつかアイデアを出し合った後で、
「お金や物を寄付する」「メッセージを送る」「祈る」
「日本からのODAを断ってその分のお金を復興支援に使ってもらう」
など、9個の選択肢を書いたワークシートを用意して、
「重要」だと思う順に順位付けする作業を行いました。
その後は前述のアクティビティと同じく、
個人→グループ→全体と範囲を広げて振り返りをしていきました。

DSC07868.jpg
じっと考える生徒

無題2
生徒のワークシート例


≪アクティビティ5:日本へのメッセージ≫
最後に、ランキングで上位に挙げていた人の多かった
「日本にメッセージを送る」を実際に実行しました。

大きな紙を用意して一人一人メッセージを書いてもらい、
写真に収めていきました。

DSC07895.jpg

DSC07896.jpg
日本へ向けて書いてくれたメッセージの一例

ワークショップを行う前は、
カメラを向けたら生徒達が興奮してしまって
収拾が付かなくなるのではないかと懸念していたのですが、
そんな心配は全くの杞憂に終わり、
誰もが真剣にメッセージを書いてくれている姿に、
僕自身も勇気づけられるような気持ちでした。


「神様はいつもあなた方を見守ってくれています。私は日本のために祈り続けます。」
というような、敬虔なキリスト京都のザンビア人らしい
メッセージが多かったように思います。

ここでザンビアの人達に描いてもらったメッセージは、
各国の協力隊が連携して行っている
『世界から元気を届けるメッセージ』により、
各種媒体(先ずはwebやtwitterなど)を通じて被災地の方々へ
届けていきたいと思います。

現地で頑張っている沢山の人達の努力に比べれば、
小さな、本当に小さな支援かもしれませんが、
ザンビアの人々の想いも少しでも東北へ届くことを祈っています。


++++++++ 参加者からの感想 +++++++++
「日本で起こった地震のことをもっと知りたい」(8年生男子)
「こんな時にこそ、日本の人々には神様に祈る心を忘れないでほしい。何故なら、あなた方は神様がお創りになったものだから。」(9年生女子)
「また別のワークショップをやって欲しい」(9年生女子)
「本日のワークショップは、非常に教育的であると同時に、感情を揺り動かすようなものであった」(教員)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


日本人として、母国の状況を少しでも伝えたいという想いと、
教師として、ザンビアの子ども達と
「世界に目を向け答えの無い問いを一緒に考えたい」
という想いから実施した今回の企画でした。

今後も改良を加えながら、
自分の学校のみならず他隊員の任地や
他校でもこうした取り組みは実施していきたいと思っています。


※なお、このワークショップの構成は、
僕が日本で関わっていた開発教育協会(DEAR)の発行する教材
「グローバル・エクスプレス」を参考に
ザンビア向けにアレンジしたものです。

【2011/05/03 22:58】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |
記事の内容が前後してしまいますが、
活動開始にあたり、配属先と活動概要のご紹介をしたいと思います。

僕の住むマザブカという街は、
ザンビアの首都ルサカから南西にバスで2時間ほど
走ったところに位置する比較的大きな都市です。

メイン通り沿いには生活に便利な大きなスーパーもある一方で、
少し歩けばアフリカらしい長閑な農村風景の広がる落ち着いた街です。

この街の中心に位置する
「カオンガ小中学校 Kaonga Basic School」が僕の配属先です。
公立の小中学校で、1947年設立の歴史ある学校です。
1年生から9年生(日本の小学校1年生から中学校3年生に相当)の
学生約2,000人が通っています。
各学年4クラス、合計36クラスに分かれているのですが、
教室の数が11しかないので、生徒は3シフト制で学んでいます。

この学校での「理数科教育改善プログラム」が僕に対する要請内容です。
ザンビアは慢性的な教員不足に陥っており、
特に8,9年生の理数科を専門に指導できる教員が圧倒的に足りていません。
カオンガ小中学校も例外ではなく、
8,9年生400人に対して理科と数学の先生が僕の他に1人ずつしかいないため、
全クラスに時間割通り授業をするのが困難な状況です。

そのため、8,9年生に対して数学及び理科の授業を実際に行うほか、
新しい授業形式、クラブ活動や補習授業など様々な活動を提案して、
子ども達の理数科能力を向上させることが僕のミッションとなります。

と偉そうな書き方をしてしまいましたが、
これはあくまでスタート段階での抽象的な要請内容に過ぎません。
具体的に何をするかは全てこれから関係者と相談しながら決めていくこととなります。
せっかくなのだから思いついた事はどんどんやっていこうと思っていますが、
同時に、この学校にとって2年しかない外国人の自分が提供できる最大の価値は何なのか、
じっくり考えていきたいです。

ザンビアに来てから2ヶ月が経ち、
段々と日本にいた時の感覚との「ずれ」が自分に生じ始めている頃かと思っています。
これをお読みの皆様の視点から「それはちょっとやっていることがおかしいんじゃない?」
「そういう状況なら、こんな事をしてみたら?」等、
感じるところがありましたら忌憚の無いご意見を頂ければ幸甚です。
いつでもお気軽にご連絡ください。

IMG_6620.jpg
カオンガ小中学校9年生の生徒達

IMG_6710.jpg
普段の活動の様子

【2011/03/07 17:38】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。