上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンビア生徒の学力に関する記事を以前書きましたが、
どうすれば彼らの学力を上げることが出来るのか、
もっと言えば、どうすれば彼らを救えるのか、
自分なりに調べて思いつくことを色々やってみました。

それでも、テストをすると並ぶ0点の山。
生徒が不真面目な訳では全くありません。
先生の話を真剣に聞くという意味では、
日本の平均的中学生より授業態度は遥かに良いのです。
でも、理解出来ない、もしくは覚えていない。

ある時ふと、小テストの採点をしていて、
自分の教えようとしていることがあまりに伝わっていないことに悲しくなって、
生徒に申し訳無くなって、泣きたくなりました。
そして、決意しました。もう自分が教える事はやめよう、と。

そもそもどんなに日本で開発された工夫した教材を使ったところで、
教科書が読めず、先生の言っている英語が言語として理解できないのであれば、
自分には彼らを救うことは不可能だと見切りをつけました。

先生の話を聞いている時間は、
低位層の生徒にとっては意味不明の外国語をただ黙って聞き流しているだけの
無駄な時間でしか無いのです。

そこで、数学については上越教育大学の西川純教授の提唱される
『学び合い』スタイルに賭けてみることにしました
(『学び合い』について詳しくはネットで検索してみて下さい)。

大雑把に言うと、教師は課題を提示するだけで教科内容を教える事はせず、
クラスの雰囲気作りに徹し、子ども達は自由に立ち歩いてお互い話し合い、
教え合って勉強するというスタイルです。

自分に限らず、ザンビア人教師ですら教師の説明だけで
子どもに理解させることは不可能である以上、
教師の介入を限界まで削って子ども同士で教え合わせる以外に
彼らの学力を上げる方法は無いと感じたのです。

西川先生の著書でも、「途上国では難しいかもしれない」と書かれていましたが、
幸いにして自分の任地は模造紙やペンが簡単に手に入り、
外国からの寄付で集まった数学の教科書が十冊以上もある状況でしたので、
該当する教科書の内容は全部模造紙に書いて教室に貼り出し、
どの教科書を使っても良いし何をしても構わないと生徒に貸し出して、
黒板にはクラス名簿を作成して、
とにかく「クラスメートを一人も見捨てないことの大切さ」
「教師に頼らずに問題を解決する有効性」を語り続けました。

結論から言うと、これしかないと思いました。
もともと『学び合い』の考え方は日本にいた時から興味を持っていたのですが、
「ザンビアでは日本スタイルを踏襲するのは無理」と決めつけて、
話し合い活動をする時でも自分が最初に要点を教えてしまっていたのですが、
それでは生徒は教師に頼り続けてしまうことにようやく気付きました。

自分が教える時間は、ばっさりとゼロにして、
授業中は、たとえ生徒が質問してきても、一切教えず
「もうちょっと自分で考えてみるか、誰かに聞いてみたら?」
と言い続けました。

最初は戸惑っていた生徒も、
4回目の授業くらいから明らかに教室の空気が変わりました。
とんがった感じの女子が、おとなしい男子に自分から話しかけるようになったり、
クラスでトップの子は、自分の課題を急いで終わらせるとすぐに
「分からない人いる?!」
と教える相手を探し始めたり…。

自分が教えていた時よりよっぽどきちんとしている生徒のノートを見ると、
「今まで自分は何をしていたんだろう」と苦笑してしまいます。
数字もろくにかけないような生徒が点数が目に見えて上がった訳ではまだありませんが、
信じて続けていきたいと思っています。

 + + + + +

ザンビア教師の考え方は、競争原理ばかりです。
小学校1年生ですら、問題が出来ない子には叱りつけ、
授業中に私語をしていれば理由を言わずにただパニッシュメントを与えます。

学力向上の為だけではなく、人間関係づくりの考え方としても、
ザンビアの先生にも『学び合い』は広げていきたいと感じています。

ただ、それには先ずは自分のクラスの成績が
明らかに他のクラスより良くなることが最低条件だと感じています。
9月~11月の来学期、もしくは来年1月からの学期で結果を出さなければ、
「日本人のボランティアが何だか変なことをしているよ」
と言われるだけでしょう。
そう考えると、2年という期間は決して長くないと思います。

教師の在り方としての『学び合い』と、
模倣の対象となるアイデアそのものとしての
「身近なもので作れる理科実験の取り入れ方」が、
理数科の授業でこの2年間でザンビアに伝えていきたいものの柱になりそうです。


クラスが元気になる!「学び合い」スタートブッククラスが元気になる!「学び合い」スタートブック
(2010/09/18)
西川 純

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【2011/07/24 17:24】 | ザンビア教育事情
トラックバック(0) |

学び合い,ステキ!
ayano
記憶力がいいはずの年齢の子たちがわからない・覚えていないっていうのは,「授業」がブラックボックスになっちゃってるってことなんだろうか...
(攻略法の分からないゲームのような...)

学び合い,楽しそう.
少なくとも生徒の姿勢が変わったのは素晴らしいことだね!

ザンビアは冬でしょうか?
体調に気をつけて頑張ってください!

コメントを閉じる▲
以前のブログで、ザンビアの学校には実験器具が全くそろっておらず、
理科の授業では実験が行われていないことをご紹介しました。
と言っても「教科書に載っているような高価な器具を使った実験が出来ない」だけであって、
市場やスーパーに売っているものを使うだけで出来る実験は沢山あるし、
そうしたアイデアは日本の理科の先生によってこれまでに膨大な数が開発されています。

IMG_1492.jpg
ペットボトルの蓋で作った顕微鏡で植物細胞を観察する生徒

自分の学校では、自分の授業に実験を取り入れたり、
同僚の理科の先生に手作り実験器具を紹介したりしているのですが、
自分の学校の先生だけに伝えていたのでは大きく広がることは無いと思い、
今学期から配属先の学校以外にも活動を広げることにしました。

幸いなことに、僕の住んでいる街マザブカは人口の多い街で、
徒歩圏内に行ける学校が沢山あります。
そこで、理科の先生と中高生を対象に、
身近なもので出来る理科実験を学ぶワークショップを、
各学校を巡回して開催することにしました。

IMG_1477.jpg
演示実験をしているところ

こうして実験を紹介する活動は、
他国の青年海外協力隊の活動としては割とメジャーなのですが、
ザンビアでは様々な理由から前例が無いようだったので、
先ずは自分の町から始めてみることにしました。

「ザンビア人の先生に実験を取り入れる意義を理解してもらうのは大変だと思うよ…」

とJICAの方からは言われていたものの、
いざ準備をして各学校に飛び込み営業をしてみると、
予想は良い意味で裏切られました。

どの学校も
「そういう提案なら大歓迎だ。明日にでもやってくれ。」
と拍子抜けするくらい前向きな反応をしてくれて、
実費+αの開催料を取ったにも関わらず、
ワークショップの実施先に困ることはありませんでした。

手作り実験セット一式を段ボール箱に詰め込んで、
学校の先生と、生徒向けに、実際に実験を見せて、可能であればやってもらいます。
1回約2時間半のワークショップで紹介する実験は5~10個。
「サイエンス・キャラバン」と自分たちで呼んでいます。

5月に新学期が始まってから準備を開始し、
先週までに5校でワークショップを実施することが出来ました。
参加してくれた先生は総勢15名、
生徒は400人くらいかと思います。

P7130122.jpg
大気圧を実感する定番の実験「マグデブルグ半球」

IMG_1528.jpg
紹介した実験をやってくれているザンビア人の先生

反応は概ね良好で、先生同士で噂が広まり
「次はうちの学校に来てくれ!」
と、この上なく嬉しい声をかけられたこともありました。

自分の学校ばかり見ていたせいで、
それがザンビア人教師の平均像であるかのように思い込んでしまっていましたが、
「良い授業をしたい。そのためのアイデアが欲しい。」
そう思っているザンビア人教師は決して少なくないことに気づきました。

でも、ネット環境も悪く外国書籍も殆ど無いこの国では、
そう思った時に新しい情報を仕入れる術が無いのです。

だったら先ずは、HowではなくWhatを。
広がる枠組みでは無く、模倣の対象になるに値するアイデアそのものを。
守破離の「守」の段階を、提供したらいいのではないか。
そう考えています。
(ザンビアの学校ではすぐにCompetitionを開催したがりますが、
 調べる手だても基本的な知識も無い中で競争させても
 無意味だと個人的には思っています。)

ただ、このペースで1校1校巡回指導したところで、
あと1年半で訪問できるのはせいぜい30校。
ザンビアにある約8000校のBasic Schoolの1%にも満たない数です。
インパクトを広げるにはやり方を大きく変える必要があると思っていますが、
マザブカで活動する同期隊員と二人、走りながら考えていこうと思っています。

P7130148.jpg
ワークショップ開催先の生徒達と

【2011/07/24 17:16】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |

髪伸びたーー
ayano
実験たのしそう!
桐生先生白熱してるね☆
そして桐生髪伸びたーー

コメントを閉じる▲
 公立学校の先生として活動をしていると、
日本の子ども達とザンビアの子ども達の学力の差、
ザンビア国内での子ども達の学力の差が、
否応無しに気になってしまいます。

 ザンビアでも一部の学校には非常に優秀な生徒もいます。
しかし、それは本当にごく一部の私立学校や有名進学校のみで、
平均的な子ども達の学力は、
残念ながら日本とは比べ物にならないくらい低いと言わざるを得ません。

 + + + + +

 僕の活動している学校は都市の公立学校なので、
ザンビア全体でみればそれでもまだ恵まれた子ども達が集まっているのでしょう。
それでも、特に自分の担当している理科と数学の現状は、
日本にいた時に想像していたより遥かに壊滅的でした。

普段の授業では、とにかく簡単なところから始めて、
分かりやすい授業をしようと心がけているのですが、
それでも現状を知れば知るほど、
ザンビアの子ども達の学力が予想以上に低かったことに愕然とします。

例えば、中学2年生に対する数学の授業。
小学校1年生から数学の授業は7年間受けてきているにも関わらず、
クラスの4割くらいは「3+4」などの足し算が暗算で出来ません。
ノートの後ろに3本棒を書いて、さらに4本書いて、
最初から数えてようやく「7」と答えます。
これが出来る子はまだ数の概念が理解できているので平均より上です。

1割くらいの子は、3と4のどちらが大きいのかすぐに答えられず、
数字を正しく書けない子も珍しくありません
(3を逆に書く鏡文字を書いてしまったり、6と9の区別がついていなかったり…)。
分数や少数の概念など、論外です。
一体彼らは小学校で何を学んでいたのか。
進学以前の問題で、大人になってから日常生活に
支障が出るのでは無いかとさえ感じてしまいます。

そんな現状の子ども達に対して、
教科書では1次関数や連立方程式を教えることになっているのです。
内容を理解している子なんて、学年に1人いるかどうか。
ザンビア人の先生が、大多数の子どもが全く理解していないのを承知の上で、
彼らを「切り捨てて」授業を進めている気持ちも分からないでもありません。

 + + + + +

母国語ではない英語で行われる授業、
先生が黒板に書いたことを写すだけの小学校の授業、
低い栄養状態で阻害された心身の発達、
勉強など到底出来る状況に無い家庭環境、
生徒の現状と乖離した教科書、
教科書はおろかペンやノートも満足に買えない経済状況、
数学や科学と無縁な伝統文化、
ろくに授業に来ないザンビア人教師、
教師数の不足による大人数の授業、
頻繁に授業が潰れるずさんな学校運営…。

生徒の低学力の背景にある「言い訳」を探せば、
いくらだって見つかります。

でも、問題の原因を自分以外のところに求めだしたら、教師失格。
教室で起こっていることの全ては、目の前の子どもの現状の全ては、自分の責任。
どこから変えたらいいのか、まだ答えは自分の中でも出ていません。

だからこそ、変えようと試みられる余地が山ほどあります。
自分のように教師経験の殆ど無い若造でも、
「もっとこうしたらいいのに」と思う部分が山ほどあります。
そして、「じゃあこうしたらうまくいくかも!」と思って試すことが、悉く裏切られます。


自分にとっては、なんと恵まれた環境でしょうか。

「どんなことをしてもいいよ。どこまで頑張ってもいいよ。」
そう言われて放り込まれる仕事が、日本で考えられるでしょうか。
好きなだけ頑張ることを許されている。
その身分を税金で保障されている。
そんな現実に対する感謝と責任感を忘れず、活動を続けていきたいです。

まだまだ、やれることはあるはず。
「こんなもんでいいや」
そう思ったら、仕事はとたんにつまらなくなる。

【2011/07/24 16:47】 | ザンビア教育事情
トラックバック(0) |
再び、僕のやっている活動についての紹介です。

ザンビアの公用語は英語のみなので、
学校の授業は全て英語。
教科書やテストも全て英語で書かれています。

しかし、英語は彼らにとって母国語ではなく、
地域ごとに異なった部族語(72~73種類あると言われています)が話されています。

そのため、ザンビアの子ども達は
家でも学校でも一生懸命英語を勉強しています。
中には流暢に英語が話せる生徒もいるのですが、
中学生レベルだとまだまだ苦手な生徒も多いようで、
英語に触れることの少ない家庭環境で育った子は、
全くと言っていいほど喋れない子もいます。
(それはつまり、学校で先生や友達が
 何を言っているか全く理解できないことを意味します…)

先生やクラスメートがどんなに分かりやすく説明しようとしても、
そもそもその説明が言語として理解できない。
深刻な問題です。

ザンビアの言語問題はまた記事を改めて詳しく触れるとして、
何とかして彼らが英語に触れる機会を増やすことは出来ないかなと考えました。

そこで今学期から始めた活動の一つが、
「図書館活動」です。

英語の上達のためには英語に沢山触れることが不可欠ですが、
教科書は高価で誰もが買えるものではありません。
そこで、英語の本を無料で貸し出せないかと考えました。

というのも、僕の学校には、
使われた形跡の無い外国の本が何冊も埃をかぶって
棚の奥に押し込まれたままになっていたのでした。
話を聞いてみると、何年も前に外国からの援助でもらった本とのこと。

ここでもまた、「使われてない援助」を目にすることになりました。
これは僕の派遣されている学校に限らないと思います。
外国から援助で色んな物が流れ込んでくるものの、
現場で使いきれずに結局ただのゴミになる…。

これを活用しない手は無いと思い、
職員室を改造してミニ図書館を作ることにしました。

大量の書類に埋もれた棚を整理して、
本の在庫を確認して図書リストを作り、
図書カードも作りました。

DSC08232.jpg
ごみ倉庫と化していた職員室の棚

DSC08233.jpg
整理してミニ図書館に

IMG_0577.jpg
図書カードも作成

また、生徒に沢山本を借りてもらうために、
沢山借りた生徒を表彰したり、
授業の際に本を持って行って宣伝したりした結果、
2か月間で160人以上の生徒が図書カードを作って本を借りていってくれました♪
需要はある!

他の先生へも理解してもらうために、
わざと先生方も集まる全校朝会で宣伝したりしています。

現実問題として、英語で書かれた本が読める子は少ないので、
借りていった多くの子は写真や図を眺めているだけかもしれませんが、
最初はそれでいいと思っています。
先ずは本に慣れ親しんでもらわねば!!

 + + + + +

…ただ、うまくいくことばかりではありませんでした。
中には偽名を使って図書カードを作ろうとしたり、
返してないのに「もう返した」と言ってきたり、
本のコピーを持って来て「これが原本だ」と見え透いた嘘をついてきたり、
あの手この手で借りパクを試みる生徒は後を絶ちません。
驚いたのは、本の中身をナイフでくり抜いて、
「最初からこうなっていた」と言って持ってくる生徒がいたり…。
他の先生の話では、本を盗んで生徒が市場で売っているとのことです。

怒りを通り越して、何でこんな事が出来るのか
悲しくなってしまうようなこともありました。
これまで、公共の物の使い方をどれだけ
教えてもらえなかったのかが垣間見れるようで切なくなります。
授業をつぶしてVandalism(公共物破損)について指導したこともありました。

図書館を通じて、公共の物を使うルールと責任も
少しずつ伝えていけたらと思っています。

【2011/07/24 16:28】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |
現在、僕は自分の学校では理科と数学の授業を行っていますが、
ザンビアの理科授業は(ザンビアに限らず途上国の多くがそうだと聞いていますが)、
実験器具の不足や教員の知識不足のために、
授業中に実験が行われることが殆どありません。

黒板に書かれた内容を暗記することが勉強の中心で、
例えば
「石灰水に二酸化炭素を吹き込むと白く濁る」
といった基礎的実験すら、
黒板に書いて終わりです。
生徒はその文章を丸暗記するだけです。
恐らく、その現象に対するイメージは何もなく、
お経のように文章を覚えているだけなのでしょう。、

実物を見ないと理解できないだろうし、
そもそも無意味でつまらないだろうに…、
と勿体無く感じます。

それに、
「なぜその結果が得られるのか」
「なぜその実験を行う必要があるのか」
といった肝心のところが
殆ど無視されて、見たこともない実験器具や薬品の名前を、
ただ丸暗記するのが「理科の勉強」と思われているのが現状です。

でも、「道具が無いから実験が出来ない」というのは
現地の先生の言い訳のようにも感じてしまい、
身の回りの道具を使うだけで出来る実験なんて沢山あるはずなのです。

そんな背景から、自分の授業ではなるべく実験を取り入れて、
考察する時間も増やしたいと思っているのですが、
実験器具が十分ではなく、50人の生徒が相手だと
一方的に見せるだけになってしまうことも多いので
(すいません。自分の技量不足の言い訳です…)、
実験を行った時は放課後に興味のある子を集めて、
実験教室を行うことにしています。

こちらの写真は、以前行った「呼吸」の実験。
IMG_0407.jpg

みんなでゴミ捨て場からペットボトルを拾ってきて
風船とストローをくっつけて肺の模型を作ってみたり、
石灰水を作って息を吹き込んでみたり、
日本だったら当たり前に行われている特段珍しくも無い実験です。

それでも、生徒達はおおはしゃぎ!
教室が無くて屋外で実施したために、
低学年の生徒達や、他教科の先生もやってきて、
若干収拾がつかなくなりそうになりました(^^;


大気圧&水の状態変化を利用して空き缶を潰す実験
IMG_0469.jpg


気体の熱膨張で紙コップを吹き飛ばす実験
IMG_0624.jpg


これだけ盛り上がってもらえるとやりがいもあります。
適切な実験を取り上げれば、普段は発言しない生徒も
「どうしてそうなるの?」ってどんどん聞いてきます。
また、以前はもっと奇抜なアイデアの実験を紹介しなければと考えていて、
自分の知識の引き出しの浅さに不安もあったのですが、
「日本だったら当たり前のことでも、こっちの子ども達や先生には新鮮なんだ」
と気付くと気持ちが楽になりました。

幸いなことに、途上国でも行える実験の工夫の数々は、
世界中の理数科教師の先輩方の資料が残っています。
「身近にできる科学実験」の類の本は日本では山ほど出版されており、
ネタに困ることはありません。

今後は、そうした諸先輩方の蓄積に加えて、
自分でも色んな所から新しいアイデアを集めてきて、
「理科ってオモシロイ!」
「何でこんなことが起こるの?!」
と興味を持ってもらえるような内容をどんどん行って
周りに広めていきたいと思っています。

【2011/07/17 15:45】 | 活動報告:概要紹介
トラックバック(0) |


katabiranotsuji
この8月12日に、ガーナに理科実験の指導でシニアボランティアで、ガーナに行っておられる先生と会います。JICA教員派遣の仲間で、金沢や静岡からも当時の仲間が大阪に集まって報告会を開くという感じです。楽しみです。頑張ってくださいね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。