上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日のブログで、僕の学校がWFPの「学校給食プログラム」の対象に選ばれ、
給食の材料として大量のミルミルと豆が届けられたものの、
うまく使われずに倉庫に眠っているという話を書きましたが、
先日、ミルミルのその後を見れる出来事がありました。
http://www.wfp.or.jp/activities/sfp.html

関係者にとっては悲しい出来事でしたが、
「援助」の現場について再度考えてみたいと思います。

 + + + + +

先日、僕の学校で学校で運動会が行われました。
日本の学校で運動会と言えば、
クラス一丸となって応援や種目の練習に長い時間を充てる
学校行事の一大イベントですが、
ザンビアの学校で前もっての練習など出来るはずも無く、
前日になって突然「明日は運動会だ」と言われました。

100m走や1500m走など陸上競技大会のような種目が行われたのですが、
全員が参加する訳では無く、
参加者は足の早そうな生徒の中から教員が勝手に選びます。

「運動会だって、目標に向かって集団で準備や練習を重ねる
立派な教育活動の一つになるのになぁ…。」

と日本で教育を受けてきた自分から見ると疑問に思ってしまいますが、
こちらの先生にそんな感覚は全く無いらしく、
生徒も先生も、数少ない娯楽の一つとして行事を楽しんでいるようでした。

1種目終わるたびに、自分のクラスの生徒が優勝すれば、
クラス総出でコースに飛び出してきて大騒ぎです。
長距離走に至っては、2位以下の生徒は
トップがゴールした時点で走るのをやめてしまいます。
順位を付けている先生ですら、自分のクラスの生徒がゴールすると
記録を付けるのを放り投げて一緒に大騒ぎしているのですから(笑)

DSC08522.jpg
グラウンドを走る生徒。走るフォームの美しさはさすが!

それはそれでザンビアの「運動会」の在り方なので
良いかと思っていたものの、
ビックリしたのは前日の運動会準備の時。

普段は使っていない学校近くの広場を
運動会の日はグラウンドとして使用するため、
生徒みんなで草刈りをしてコースを作りました。

IMG_0052.jpg
グラウンドの準備をする生徒。この白線、何を使って描いていると思いますか?

ひとしきり草刈りが終わって、
コースを作るために白線を引こうとした時に、
白線を引くための石灰が無いことが判明。

てっきりまた生徒に買いに行かせるのかと思っていたら、
「そう言えば倉庫にミルミル(※)が余っていたね。
 あれを持って来て線を引きなさい。」
と信じられない事を先生が言い出しました。

(※)ミルミル:トウモロコシを粉にした、シマの原料。ザンビアの主食。

生徒は勿論、他の先生も全く疑問を呈する様子も無く、
WFPから送られてきたミルミルを持って来て、
どんどんと地面に撒いていきます。

石灰なんて、ザンビアでも全然高価なものではなく、
街に行けば50kgあたり数百円で売っています。
その程度のお金が学校に無い訳でもありません。
でも、買いに行くのが面倒くさい。
しかも使い道に困っているミルミルが学校にはある。
じゃあそれを使ってしまおう。
そんな考えが当たり前のように通ってしまうのです。

最終的に、約400kgのミルミルが、
たった一日の運動会のために地面に撒き捨てられました。
数世帯の1年間分に相当する量の食糧です。

運動会当日、何事も無いかのように
食べ物の上を走りながら大騒ぎする子ども達と教員を見て、
とても悲しい気持ちになりました。

さすがに今回の件は黙っている訳にいかず、
WFPで働く隊員に通報したところ、
当校への食糧援助を見直す旨の連絡が来ました。

 + + + + +

日本で暮らしていると、どこに行っても
「アフリカの飢えた子ども達」
の情報が伝えられ、
彼らに寄付金を与えるためのキャンペーンが
半ばファッションのように行われています。

出された食べ物を残す子どもに対しては、
「世界には食べたくても食べられない子もいるんだから、
 残さずきちんと食べなさい。」
と教えられることもごく一般的です。

そして、
「食べたくても食べられない飢えた子ども達」が
沢山いるはずのアフリカの学校現場では、
先進国から送られてきた食料が、
運動会の白線の代わりに使われ、
子ども達はそれを踏み潰しながら楽しく遊んでいます。
こうした実態のどれほどが、援助する側の先進国に伝えられているでしょうか。

学校給食プログラムや、その他の国連援助を
否定したい訳では全くありません。
食糧難に苦しんでいる地域は実際に存在するし、
(それがザンビアでは無いにしても)
うまくいっている事例も沢山あります。

でも、こうして援助する側とされる側の思いが
すれ違ってしまうケースも山ほどあります。
特に、大きな金額を扱う援助機関では。
だからと言ってそうした「失敗事例」が
日本で伝えられることは殆どありません。
そんなことをしたって、寄付金が減って
援助機関は自分達の首を絞めることになるだけだからです。

募金や援助をしようという
善意の心はとても大切なものですが、
せっかくの善意があるなら、
お金を出して満足するのではなく、
それが本当に相手のためになっているのか、
一歩踏み込んで考えてみるのも大切ではないでしょうか。
スポンサーサイト

【2012/06/11 16:12】 |   〃  :悩、迷
トラックバック(0) |


きりん
WFPに通報する前に、あなたは何をしましたか?

Re: タイトルなし
桐生朋文
「きりん」さま。コメントありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、ニックネームからは心当たりがないのですが、どなたでしょうか…?

面識の無い方とネット上で意見交換をするのは、
意図の食い違いがあって混乱を招く可能性が高いため、
宜しければ簡単な自己紹介と共に
個人あてにメールを頂けますでしょうか?
E-mailもしくはSkypeにてやりとりさせて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。