上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らザンビア理数科教師隊員は、
公立学校の一教員として、
数学や理科の授業を改善していくことが活動の基本となります。

そのため、前回書いた先輩隊員訪問では、
訓練の一環として「教育実習」もさせて頂きました。

「教育実習」と言っても正式なものではなく、
先輩隊員が無償の御厚意のみで行って下さっているものです。
自分の任地での活動を開始する前に、
本当に貴重な経験を積ませて頂いたことを、
先ずはこの場を借りて心から御礼申し上げたいと思います。

 + + + + +

今回の教育実習では、
先輩の担当されているGrade8,9(日本の中学2,3年生に相当)の
数学と理科の授業を2日間のみですが担当させて頂きました。

ザンビアの学校では、生徒の数に対して
教室や先生の数が圧倒的に足りていないため、
1クラス60人程度のクラスがごく当たり前です。

加えて、理科室や実験器具も全くと言っていいほど
整っていないため、
理科の実験を一つするだけでも、
どうにかして身の回りのモノから実験器具を作らないといけません。

P1270194.jpg
一つしか無い実験器具は、こうして見せて回りました

ここに来る前に参加した日本での65日間に渡る派遣前訓練でも、
現地の状況を想定した英語での模擬授業は何度か行っていました。

それでも、
ザンビアの子ども達を前に教壇に立つことも、
60人の生徒に対して一斉授業をすることも、
台所にあるもので理科実験を行うことも、
電気の無い暗い教室でボロボロの黒板に板書することも、
全てが初めての環境。

どんな時であれ、授業をする時はいつも
「今日は子ども達からどんな反応が返って来るんだろう」と緊張するのですが、
この日は特に緊張して学校に向かいました。

 + + + + +

教室に入って先ず驚いたのは、
子どもたちの礼儀正しさと元気の良さ!!!

こちらが"Good morning"と挨拶をすると、
全員素早く立ち上がって、
"Good morning sir! How are you?"
と気持の良い声が返ってきます。
「座っていいよ」と言えば、
きちんと"Thank you sir!"と言ってから座ります。

前の授業の板書が残ったままだったので、
「誰か消してくれない?」と声をかけると、
われ先にと取り合いのように手が挙がります。

授業が始まった後でも、
「ここはどうなるかな?」って問題を出したりすると、
沢山の生徒が指名して欲しくて手を挙げて、
指名された後で分からなくて悩んだりしてます(笑)。
可愛すぎる。

14,15歳の生徒達がですよ?!
信じ難いほど、真っ直ぐ。

日本の公立中学校のイメージが強かった自分にとっては、
この光景だけで感動してしまいました…。

早く自分の赴任する学校の生徒たちに会いたい!
早く働き始めたい!
そう思わずにはいられませんでした。

P1260021.jpg
こうして見ると、固い顔して授業しています…

肝心の授業の中身はというと、
60人の生徒をコントロール仕切れずに騒がしくなってしまったり、
範囲を終わらせなきゃという意識ばかりが先行して生徒のペースに合わせることも出来ず、
はっきり言ってボロボロで、
日本での指導経験も豊富な先輩隊員には
厳しくも丁寧なご指摘をいくつも頂きました。
下手くそな授業をしてしまって、
生徒達には「ゴメンね」の申し訳ない気持ちでいっぱいです…。

日本人同志、隊員同士の訓練では
決して味わえなかった悔しさ。

その悔しさを、こうして良い時期に味わえたお陰で、
目が覚めたような気がします。

この国のために、この国の未来を担う子ども達のために、
こんなことをしよう、あんなことをしよう、
そんな理想ばかりが知らず知らずのうちに先行していたように思います。

先ずは、一人の教員として、
生徒、同僚、保護者から信頼されるような働き方をしよう。
それに見合うだけの技を身に付ける努力をしていこう。

ようやく、学校に派遣される協力隊員として
スタートラインに立ったような気分でした。

御指導して頂いたS先輩隊員、
本当にありがとうございました。

P1260006.jpg
一生懸命にノートをとる生徒
スポンサーサイト

【2011/02/05 22:24】 | 現地訓練
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。