上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月31日から2月3日にかけて、
これから赴任する任地へ行ってきました。

本格的な活動開始は2月14日(月)から。
それに先立って学校や街の様子を見学したり、
業務内容の打ち合わせをすることが目的です。

僕の任地は、首都ルサカから
バスで南へ2時間弱走ったところにある
マザブカという地方都市です。
サトウキビ生産で有名な街で、
ザンビアの中では"the sweetest town"と呼ばれているところです。

P1310011.jpg
マザブカの街並み

街の中心部にあるカオンガBasic Schoolが
僕の配属校です。

P2030048.jpg
正面から見たカオンガbasic school

P2020047.jpg
中庭の様子

生徒数は1年生から9年生まで合わせて約2,000人。
ここで、8,9年生を対象として
数学と理科の学習環境を改善していく事が主な活動内容になります。

先生方は非常に好意的に迎え入れて下さり、
一先ず「自分が来ることを誰も知らなかった」
という協力隊らしいハプニングには見舞われませんでした(笑)

今回は打ち合わせのみで
訪問を終える予定だったのですが、
なんと諸事情により数学、理科の教員が休職中で不足しており、
僕が赴任するまではそのクラスの数学、理科の授業が
開始されないという状況だったので、
急遽授業も行うことになりました。
8,9年生400人8クラスに対して、数学、理科の先生が1人ずつしかいません。
そのため、1月10日から新学期は始まっているにも関わらず、
僕の担当するクラスでは1カ月近くの間、
数学と理科の授業が行われていませんでした。

きり「何で先生方は休んでいるのですか?」
同僚「分からない。具合が悪いと言っている。」
きり「先生がいない時間は、生徒たちは何をしているのですか。」
同僚「自分たちで勉強しているんだと思う。多分。」

とまあこんな状況で、事態をあまり呑み込めないままに、授業開始。
本来であればもっときちんと準備をしてから
初回授業には臨みたかったのですが、
子どもたちに向かって
「準備してないから授業は出来ません」とも言えず、
一晩のみの準備で数クラスの授業開きをしてきました。

 + + + + +

生徒達はやはり非常に素直で
これから学校に行くのが毎日楽しみになりそうだったのですが、
そんなワクワクと同時に、
非常に気になってしまったことが一つありました。

とあるクラスの初回授業の最中。
突然同僚の先生が教室に入ってきて、
「今から職員会議をやるから来い」
と命じてきます。

きり「いや、今授業中なんですけど。」
同僚「そこまでで終わっていいから。」

そんなに大事な用事なのかと思って、
やむなく途中で授業を切り上げて行くと、
そこにはほぼ全職員の姿が。

あれ?まだ午前10時だよ?
授業は?生徒は何してるの?
というか、教職員会議があるなんて事前に一言も聞いてないよ?

ミーティングの内容も
失礼ながら重要とは思えないようなもので、
コーラを飲み、ミートパイを食べながら、
英語の先生が英語の発音について研修を行うというものでした。
そのミーティング時間、なんと4時間。
その間、生徒たちは完全に放置。

きり「授業時間中だけど、授業はしなくていいの?」
同僚「今は教員が学んでいる時間だからいいのだ。」
きり「職員会議っていつ行われるの?」
同僚「決まっていない。校長がやると言ったらその日にやる。」


いやいや、ちょっと待て。
教師が学校に来てるのは生徒のためじゃないのか。
ただでさえ授業時間数が全く足りていないのに
会議をしなきゃいけないなら、授業終了後にやればいいじゃないか。
生徒が誰も教科書を持っていないのに、
理科室にはビーカーすら満足に無いというのに、
校費でコーラやミートパイを買っているのか。

意見を言おうか散々迷いましたが、
来たばかりの外国人の若造に文句を言われたら
良い気分のはずはありません。
この日は何も言わずにおきました。

こんな僕の困惑を知ってか知らずか、
生徒達は慣れたもののようで、
教師がいなくても騒ぐことも無く、
各クラスとも思い思いに過ごしています。


そもそも「学校」や「先生」に対する考え方が、
日本とは違うのだろうか。
それとも、もしかしたらこうした仕組みにも
長くいると分かる合理的な理由があるのだろうか。
(お菓子やジュースを出さないと先生方が職員会議に出席しない、とか。)

いずれにしても、僕はここでは何も知らないヨソ者で、
先ずは周囲の先生方との信頼関係をしっかりと築かねばなりません。

しばらくは、異文化との出会いに、
戸惑うことも多そうです。


それにしても、こうして学校という舞台が用意されていて、
「どうしたらいいんだろう?」と考えられる課題が山ほどあって、
そこで余計な事を考えずに自由に働いていいなんて、
何て楽しい環境なんだろうと思わずにはいられません!
いよいよ、来週からこの学校での活動が始まります!
スポンサーサイト

【2011/02/06 05:40】 |   〃  :困惑、怒
トラックバック(0) |


mamix
がんばれー


キリ
ありがと!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
がんばれー
2011/02/07(Mon) 11:51 | URL  | mamix #-[ 編集]
ありがと!
2011/02/08(Tue) 12:49 | URL  | キリ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。