上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告が遅くなってしまいましたが、
無事に任地マザブカに到着し、
2月14日より学校での活動を開始しています。

「無事に」とは言い難い様々なハプニングもあったのですが、
取り敢えずこうしてブログをかけるような状況になったので良しとします。
これから始まる2年間の生活。
この地で教師として働ける幸運に感謝しながら
一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

 + + + + +

赴任して最初の一週間。
まだまだ学校の様子にも慣れないので、
自分の授業が無い時は学校の中をウロウロと見学して先生方と雑談をしたり、
他の先生方の授業を見学させて頂いていました。

「さて、何をしよう」と考えた中で、
先ず気になったのが、理科室の現状。
いや、正確には理科室ではなく、
実験機材などの置いてある2畳ほどの空きスペースなのですが、
ご覧のようにゴミの山の中にボロボロの実験機材が置いてあるだけの悲惨な状況でした。
せっかく実験器具があっても、
どんな器具がどれだけあるのかすら分かりません。

P2010043.jpg

という訳で、理科の同僚に提案して、生徒にも手伝ってもらいながら
赴任二日目に実験器具の大掃除をしました。

P2160024.jpg

一体いつから掃除をしていなかったんだろうというゴミの量です。
いや、掃除をしても分類整理が苦手ですぐにこの状態に戻ってしまったのかもしれません。
10年前の音楽のテストと、腐ったような薬品と、
食べかけのパンと、新品の試験管と、人体模型の下顎が、
一緒のダンボールに詰め込まれたりしてます。カオスです。

それでも、同僚の理科の先生が乗り気になってくれたお陰で、
どんな実験器具があるのかくらいは把握できる状況になりました。

P2170044.jpg

機材は全然揃っていないし、まだまだ先は長いですが、
「使ったら洗って元の場所に戻す」を習慣にするあたりから、
少しずつ改善していきたいと思います。

 + + + + +

その日あった出来事を一つご紹介します。

以前のブログでもご紹介した通り、
現在、僕の赴任先であるカオンガBasic Schoolには
8,9年生400人に対して
理科の先生が僕を含めて2名しかいません。
僕は数学も担当してるので実質1.5名です。

T先生という若い現代風の女性なのですが、
彼女が僕の唯一の理科の同僚ということになります。

掃除をしている最中、
生徒の一人がかしこまった様子で入ってきて、
「申し訳ないですが授業をして頂けないでしょうか?」
とT先生に言ってきました。

どうやら、彼女の授業の時間が始まっていたようです。
当然、掃除を中断して授業に行くのかと思ったら、

T先生「ちょっとあなた、代わりに授業をしてきてくれない?」

とびっくりするような事を言ってきました。

僕「違う学年の授業をイキナリしろと言われても無理です。」

T先生「教科書を黒板に書いたら帰ってきていいから。簡単でしょ?」

さすがにこれには反論しました。

僕「このクラスはT先生のクラスです。T先生が授業をするべきです。」

そしたらT先生、ノートを机に叩きつけて
見るからに不機嫌そうに授業に向かいました。

…当たり前のことを言っただけのつもりなのに、
何でこんなことで怒らせてしまうんだろう。
頼めば授業を代わりにやってくれる便利な外国人とか、
そんな風に自分は思われてるんだろうか。

授業内容どうこうの前に、
自分の授業の時間には授業に行く、
そんな当たり前の事すら全く「当たり前」では無い
ザンビアの学校の状況に、
生徒達が可哀そうになって、
何だか悲しくなりました。

 + + + + +

このブログを読んでくれてる高校生のみんなは、
自分の学校の先生のこと、
学校を卒業してる方は自分の学生時代を思い出してみて下さい。

授業時間になっても呼びにいかないと授業に来ない。
授業をしても教科書を黒板に写してベラベラと喋るだけ。
そんな先生にひざまづいて
「授業をして頂けないでしょうか」
と言えるでしょうか。

日本だったら、仮に学校の先生が気に食わなければ、
塾に行くことも出来るし、
書店で参考書を買ってきて自分で勉強することも出来ます。
その恵まれた環境を批判するつもりは全くありません。

でも、多くのザンビアの小中学生にとっては、
学校の先生が勉強するたった一つの手段です。
当然塾などありません。
自習をしようにも、教科書を持っている生徒は
クラスに一人いるかいないかです。
先生の黒板が、情報の全てです。

それでも、高校受験は受けなければならず、
学歴がいかにザンビア社会で重要になってきているかも、
彼らは理解しています。
結果、どんな先生であっても、
生徒たちは先生を拒否することは出来ません。

 + + + + +

かかる状況で
「せめて自分は下手でも一生懸命な授業をしよう」と思って
体の空く限り沢山の授業をしたところで、
焼け石に水であることは、頭では分かっています。
自己満足に過ぎないことも、理解しています。

それでも、こうして学校現場で生徒と先生の顔を見てしまうと、
自分の働き方をそういう方向に持っていきたくなってしまいます。

自分が協力隊員としてこの学校でどんな位置に立つべきなのか、
整理するにはもう少し時間がかかりそうです。
スポンサーサイト

【2011/02/28 20:46】 |   〃  :悩、迷
トラックバック(0) |


なおき
うちの理科実験器具倉庫はカギが紛失して
何があるのか未だに把握出来ていない。
そろそろドアを壊してもイイように思えてきた今日この頃。


ますぴー
桐生さんの頑張りが伝わってきます。

立ち位置って、すごく難しいよね。

桐生さんのブログみてたら、やる気が出てきたぞー!
オレも頑張りますっ!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うちの理科実験器具倉庫はカギが紛失して
何があるのか未だに把握出来ていない。
そろそろドアを壊してもイイように思えてきた今日この頃。
2011/03/05(Sat) 16:06 | URL  | なおき #-[ 編集]
桐生さんの頑張りが伝わってきます。

立ち位置って、すごく難しいよね。

桐生さんのブログみてたら、やる気が出てきたぞー!
オレも頑張りますっ!
2011/03/05(Sat) 16:34 | URL  | ますぴー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。