上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年2月18日(金)に、僕が大学時代に所属していた
「環境三四郎」というサークルの先輩二名が、
ゲストティーチャーとしてカオンガBasic Schoolに来てくれました!

今回のお二人の訪問は、なんと「新婚旅行」!!
新婚旅行でザンビアに来るために、
わざわざケープタウンで挙式を挙げることを選ばれたのだそうです。

IMG_6670.jpg
特別授業をする竹内大林ご夫妻

大学1年生の時から9年間もお世話になってきた先輩が、
一生に一度の大切な機会に、僕の任地を選んでくれたこと、
本当に嬉しかったです。
改めて、心より御礼申し上げる次第です。

 + + + + +

マザブカまで来て頂けるだけで嬉しかったのに、
御夫妻は特別授業用のポスターまで作ってきてくれました!

IMG_6684.jpg
日本とザンビアの違いに、興味津々の子ども達

日本とザンビアの比較についてのポスターで、
日本を象徴する沢山の写真もついていて、
生徒達も大喜びです。

日本の特徴的な写真を沢山紹介して頂いたのですが、
「どの写真が一番興味深かった?」
と数名の生徒に聞いたところ、
結果は"Japanese young girls"として紹介した
「AKB48」の写真でした(笑)

予想通りといえば予想通りですが、
四季折々の風景や、高層ビル街なんかよりも、
同世代の女の子のファッションが気になるのは、
年頃の中学生にとって日本もザンビアも共通のようです。

帰国後も生徒から「あの人たちもう帰っちゃったの?」と何度も聞かれ、
とても印象に残った時間であったように感じました。

 + + + + +

こうして日本から来訪者が来てくれることは、
生徒や学校にとっては勿論、
僕の活動にとってもすごくプラスになりました。
(生憎引っ越し当日と訪問日が重なってしまったために、
 地面で食事や調理をさせたり、大掃除を手伝って頂いたりと、
 新婚旅行の中身としては申し訳ないこと
 この上なかったのですが…。)

ザンビアの気候や植生、食べ物の種類、人々の様子、
学校の設備や制度、生徒の快活さ、住まいのつくり、など、
僕にとっては段々と「当たり前」になってきて、
どんな点が日本人から見ると異質に映るのか、
違和感を感じるのか、気付かなくなっている点が多くあったことを、
逆に教えてもらったような気がします。

客観的な視点から、ザンビアの教育の状況や、
僕の活動について感想を頂けたことは、
やるべき事の方向性を整理する上でとても貴重な機会でした。

そして、それ以上に何より、
任地で日本人一人ぼっちになって1週間、
まだまだ慣れなくて寂しくなっていた時期に
気心の知れた先輩が来てくれたことで、
すごくリラックスして笑うことが出来て、
大きな大きな心の支えになりました。

竹内大林ご夫妻、
訪問本当にありがとうございました!!

 + + + + +

僕の任地では、引き続き来訪者を年中無休で大募集しています。

1日だけの見学でも、長期の滞在でも大歓迎です。
活動や街の様子を見学して頂くだけでも構いませんし、
可能であれば是非ともゲストティーチャーとして特別授業をして下さい。
内容は、自分の得意なこと・伝えたいことなら何でもOKです。
数日以上の滞在が可能なら、数学理科の指導を手伝って下さい。
あなたが受けてきた教育は、あなたがここで過ごしてくれる時間は、
ザンビアの子ども達にとってもかけがえのない財産になります。

食事と宿泊場所は、僕の家で良ければ無料で提供します。
どうぞ、お気軽に!!

IMG_7451.jpg
学校だけでなく、市場なども一緒に見学しました

RIMG2014.jpg
夜はマザブカの人々とBBQ
スポンサーサイト

【2011/03/26 15:58】 |   〃  :嬉、喜
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。