上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は宗教についてのお話です。

ガイドブックなどには「90%がキリスト教徒」と紹介されていますが、
実際の感覚としては、ザンビア在住の外国人を除けば
ほぼ100%がキリスト教徒ではないかと思うくらい、
ザンビア人はとても敬虔なクリスチャンです。

学校でも朝の朝会やミーティングの前後には
必ずお祈りの時間が入るし、
週末になれば誰もがおしゃれをして教会に行きます。

教会も多種多様で、西洋式の立派な教会もあれば、
学校の教室を休日に借りているだけの教会、
空き地で青空礼拝を行っている教会、
下の写真のようにテントで作った教会まで様々です。

IMG_0461.jpg
同僚の先生が通っている教会

IMG_0459.jpg
中には老若男女30人くらいが集まっていました

IMG_0458.jpg
教会の中はこんな感じ

大人はともかく、子ども達にとっては
キリスト教徒でない人が存在することなど信じられないらしく、
「Mr.Kiryuは日本でどこの教会に通っていたの?」
とよく聞かれます。

僕の場合は日本でも英語を習うために
6年間ほど教会に通っていたので
適当に話を合わせることもありますが、
うっかり「日本ではキリスト教徒はそんなに多くない」
などと言ってしまうと、
「じゃあ君たちは神を信じていないのか!」
と論争が始まること間違い無しです。

「日本人が信じている神は何か」
「神でなくて誰が人間を創ったというのか」
等々の話題は、どこに行っても定番です。

教会が学校等を運営しているケースも多く、
ザンビア人の生活の隅々に
キリスト教は沁み込んでいます。


 + + + + +


学校でも、その事実を再確認する
面白い出来事がありました。

ある日の理科の授業中。
「細胞」の単元を教えようとして、

「人間も植物も沢山の_____から出来ている」
という問題を出して、
下線部に当てはまる言葉を聞いたことがありました。
もちろん僕は「細胞」という答えを期待しています。

普段以上に元気よく挙がる子どもたちの手。
おぉ、さすがにこれは簡単だったかなと思って
生徒の一人を指名すると、迷わず彼は答えました。


「土(soil)!!」


土(soil)……(・□・;)???


周りの生徒達も一斉に「Yes, yes!!」と言って彼に賛同してます。
この子は何を言っているのだろうとあっけにとられていると、
彼は続けました。

「神様は人間を土からお創りになられました。
 私たちは土から出来ています。」

僕をからかっているのでは全く無く、
真剣そのもので彼は説明してきます。

後で他の先生に聞いたところ、
中学生くらいであれば
人間は本当に土から出来ていると考えてるそうです。

「宗教の時間なら正解だけど、理科の時間なら不正解」

なんて言ってしまったら
生徒からの大ブーイングにあうのは目に見えていたので、
仕方なく

「確かに最初は土から作られました。
 でも今は、みんなの体と校庭の土は全く同じじゃないよね?
 どんな風に違うかな?」

と無理やり丸め込みました。


 + + + + +


宗教が違うっていう事は、
世界の見方が違うという事、
生きる意味、死ぬ意味が違うという事。

タイやラオスに行っていた時は
仏教をもっとよく勉強しなければ
彼らの思想を理解することは出来ないと感じていましたが、
それはザンビアでも同じ。
ザンビアのキリスト教をもっと良く知ること抜きに、
彼らを知ることは出来なさそうです。
スポンサーサイト

【2011/06/06 20:35】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |

ザンビアの礎の石孤児院
あかり
ザンビアに行かれたのですね。素晴らしいブログ愉しくみました。ザンビアの子供達は、親がなくても明るいです。
イエス様が彼らの中に住んでおられるからでしょうね。
PRAISE THE LORD.

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ザンビアの礎の石孤児院
ザンビアに行かれたのですね。素晴らしいブログ愉しくみました。ザンビアの子供達は、親がなくても明るいです。
イエス様が彼らの中に住んでおられるからでしょうね。
PRAISE THE LORD.
2011/08/16(Tue) 16:52 | URL  | あかり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。