上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンビアの主食は、トウモロコシ(メイズ)の粉を
お湯で練って作った「シマ(Nshima)」と呼ばれるものです。
同じものがタンザニアなどでは「ウガリ」と呼ばれています。

シマを食べるのは初めてだったので
口に合うか心配だったのですが、
これが美味しい!!

ふっくらとお餅のような見た目をしており、
粘り気は殆どなくて蒸しパンのような食感です。
非常に淡白な味で、
様々なおかずと一緒に食べるものなので、
熱々のご飯を食べなれている日本人の口には非常に合うものだと思います。

お椀に盛られたシマは、
手で適当な大きさにちぎってお団子のようにこねて、
付け合せのおかずと一緒に口に運びます。
おかずは、鶏肉、牛肉、魚、野菜の煮物、オクラ、などなど。
僕は塩をシマに付けるだけでも十分にいけます!!


シマを食べます
シマを食べている様子。これで大体一食200円くらいです。

作り方は簡単で、
お湯の中にトウモロコシの粉を入れ、
ゆっくりと掻き混ぜていくと次第に固くなってくるので
頃合いを見てふたを閉めて蒸せば出来上がりです。


シマを作るおばちゃん

シマを作るお店のおばちゃん。お店によって微妙に味が違います。

他にもどんな美味しいアフリカンフードが待っているんでしょう♪
どんどん美味しいものを発掘していきたいと思います。
スポンサーサイト

【2011/01/13 05:17】 | ザンビアあれこれ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。