上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の大統領選挙に関連して書いた当ブログの記事を、
日本の某高校で勤務されてる社会科の先生が、
ご自身のブログ内で紹介して下さいました。
こちらのブログです。⇒「アフリカ留魂録」

ESDや開発教育において様々な実践を行っていらっしゃるベテランの先生です。
そこでこんな若造の戯言をご紹介頂き…、本当に恐縮です。

自分が高校生の時にこんな先生に出会っていたかった。
心からそう思います。

 + + + + +

先生はブログの中で、「桐生先生」と紹介して下さっていますが、
自分が「先生」と呼ばれることには、
正直言ってまだふわふわした感じを覚えます。

少し、昔のことについて書きたいと思います。

高校生の頃は、自分が将来「先生」になろうだなんて
これっぽっちも考えていませんでした。

免許くらいは取っておけと言う両親からの勧めも無視して
やりたいことが定まらずに5年間かけて大学を卒業した後で、
当時は「ここしか無い!」というくらいに希望して入った会社も辞めて、
再び大学に入学し直して教員免許を取り、
そうして今、アフリカで教壇に立っています。

それでも、会社を辞める時には一片の迷いも無かったし、
犠牲にする他の全ての事を差し置いても、
「世界」を見に行きたいという情動を
2年前の自分は抑えることが出来ませんでした。

こんな事を言うと「自分探し」に奔走する
イマドキの若者らしいと呆れられるかもしれませんが、
国際協力や教育に、高校生の頃は興味が無かった訳ではありません。
ただ、その興味を自覚していなかったのだと思います。
自分が真にやりがいを感じる瞬間や感性と、
その実現手段として教育という仕事を結び付けることに、
気付かせてくれる機会と出会うことが無かっただけなのだと思います。

その機会が自分の中で十分に満ちるのに、
他の「先生」方よりは少し時間がかかってしまい、
幾らばかりか回り道をしてしまったのだと、言い訳をしています。

もしも自分が17歳の時に、
自分で自分の生きる道を初めて選択する高校生という時期に、
「世界」の広さを教えてくれる教師に出会えていたら、
働くことがどれだけ彩り豊かなものか
嬉々として語ってくれる大人に出会えていたら、
もう少し回り道をせずに、
アフリカに来ていたのかもしれません。

だから僕は、
「こんな先生に出会っていたかった。」
と言いたいのです。

でも、今更自分の過去を振り返ってもしょうがありません。
これから大人になる高校生の人生が少しでも幸せなものになるよう、
こうして紹介して下さった先生や両親のような立派な教育者に、
少しでも近づけるよう、日々研鑽を重ねること以外に
今自分に出来ることは無いと思っています。

 + + + + + 

最近、日本の写真を見ると、
「懐かしさ」ではなく「憧れ」を感じるようになりました。
ザンビア人の感覚に近づいてきたのかもしれません。

あれほど自分が見たいと望んだ「世界」とは
一体何のことだったのだろうと思うことがあります。

日本に居た時は「未知の世界」であったアフリカでも、
子ども達は毎日学校に行き、友達と遊び、
おとな達は毎日働き、酒を飲み、時間が過ぎています。
ここが世界から切り離されている訳でも何でもなく、
ザンビアにはザンビアの普通の時間が確実に流れており、
彼らにとって、いつか見てみたいと思っている「世界」とは、
「夢のような」生活を謳歌している日本なのです。

そんなライフスタイルの選択肢を
ザンビア人が手に入れたいと望むのなら、
僕はそのために出来ることをするためにここにいます。

逆に、「途上国」の日常を見たいと望む若者のために、
これまでスタディツアーの企画等をしてきました。

でも、本当の「世界」っていうのは、
貧しい国があるとか豊かな国があるとかじゃなくて、
日本もザンビアも含めた
無数の「普通」が存在することを自覚すること、
そこに住む普通の人々の顔を思い浮かべ、
彼らに対応する複数種の時間軸を自分の中に持つこと、
そして、異なる「普通」を行き来できる
「どこでもドア」を心の中に持つこと、
なんじゃないかなって思っています。

無数の「普通」は国を超えた場所だけでなく、
日本の中にも沢山存在していると思います。
自分の考えている「普通」だけが、「普通」じゃない。
そう信じられることは、
日本で過ごす上でも様々な場面で
心に余裕をもたらしてくれると感じています。

みんな違って当たり前。
そんな視点を伝えられる教員になっていきたいです。
スポンサーサイト

【2011/09/28 23:22】 | 日々の風景
トラックバック(0) |

回り道も全部
Akihisa
回り道も全部、血肉になっているのでしょう?
そんな遠回りの蓄積こそが、自分の財産でしょう?
日本の高校生に、世界って仕事って人生って面白いんだぜって自信を持って伝えている、そんな姿を早くみたいっすww

コメントありがと☆
桐生
回り道を後悔してる訳じゃ全然無いよ~。
むしろ、キミと一緒に働いてた会社が自分の唯一の民間金融機関経験だったことは、俺の誇りです。
日本に帰ってから、高校生に自信を持って大人になることにオモシロさを伝えられるよう、頑張ります。

こんにちは
Asa
はじめまして!
たまたま、本当にたまたまBlogを拝見して、
すごく共感してしまいコメントさせていただきました。
実は23-2のJOCVです。笑

まだ活動はじまったばっかりですが、
ちょっと軸がぶれて、こんな回り道して、
私何をしているんだろうって、思ってしまっていたので、
なんだかとても勇気付けられました。

きっと無駄なことなんて何もなくて、
ここ任地で送っている何でもない日々も宝物なんだなって、
改めて思うことができました。

また、たまBlog拝見させていただきますね!


Asako TAOKA

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
回り道も全部
回り道も全部、血肉になっているのでしょう?
そんな遠回りの蓄積こそが、自分の財産でしょう?
日本の高校生に、世界って仕事って人生って面白いんだぜって自信を持って伝えている、そんな姿を早くみたいっすww
2011/10/29(Sat) 14:57 | URL  | Akihisa #OARS9n6I[ 編集]
コメントありがと☆
回り道を後悔してる訳じゃ全然無いよ~。
むしろ、キミと一緒に働いてた会社が自分の唯一の民間金融機関経験だったことは、俺の誇りです。
日本に帰ってから、高校生に自信を持って大人になることにオモシロさを伝えられるよう、頑張ります。
2011/11/13(Sun) 15:25 | URL  | 桐生 #-[ 編集]
こんにちは
はじめまして!
たまたま、本当にたまたまBlogを拝見して、
すごく共感してしまいコメントさせていただきました。
実は23-2のJOCVです。笑

まだ活動はじまったばっかりですが、
ちょっと軸がぶれて、こんな回り道して、
私何をしているんだろうって、思ってしまっていたので、
なんだかとても勇気付けられました。

きっと無駄なことなんて何もなくて、
ここ任地で送っている何でもない日々も宝物なんだなって、
改めて思うことができました。

また、たまBlog拝見させていただきますね!


Asako TAOKA
2011/12/27(Tue) 13:05 | URL  | Asa #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/21(Tue) 10:22 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。