上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協力隊活動に必要だと言われる3つの「あ」。
あせらない、あわてない、あきらめない。
様々な場面でこの言葉を噛みしめています。

何かやろうと思っても、
日本のようなペースで物事が進むことなんてありません。

誰かと話し合いをしようと言っても、
約束をすっぽかされる、時間を忘れられる。
お店で商品を注文したり、買い物を頼んだりすれば、
お金を持ち逃げされる、何ヵ月経っても注文したものは来ない。
自分一人で出来る事なんて何も無いと思い、
ザンビア人に物事を進めてもらわないといけないと思うために、
何度も何度もザンビア人に期待を裏切られると、
日本に帰る頃には人間不信になってしまうんじゃないかと
心配にさえなってしまいます。

そんな時に思い出すのが3つの「あ」。

自分で思い描くような活動や生活、人間関係が無くたって、
そんなこっちの勝手な期待を相手に求めすぎないこと。
それが「あせらない」ってことなんだと思います。
ザンビアに流れていたこの時間は、自分が来る前も、帰った後も、きっとこのまま。

今日がダメでも明日がある、
明日がダメでも明後日があるの気持ちで
「あわてない」こと。

そして、最近一番大切だなって思ってるのは
「あきらめない」って言葉。
何度裏切られたっていいから、
自分の方が「腐らない」ってことだと解釈しています。

 + + + + + 

先週、学期の真っ最中にも関わらず、
女性教諭の一人が
「このクラスの担任を交代してくれないか?」
と言ってきました。

「私はクラスコントロールに失敗したから、ギブアップした。」
とへらへら言っています。

ふざけるな。
即決で断りました。
ここで引き受けたら
「桐生に頼めば面倒な仕事を引き受けてくれるぞ」
という噂が広がって職務放棄する教員が増えるのが目に見えています。

ギブアップというのは、全力で努力した上で
それでも力及ばずに、そしてさらに努力して再挑戦する
プロセスから逃げることを決断をした時にのみ使う言葉です。

本当に彼女に言ってやりたかった。
あなたは教師として最低限の事をこの子ども達にしていましたか?と。

毎日学校に遅刻し、気分が乗らなければ欠勤し、
生徒が呼びに来るまでは授業に行かない。
担任と言っても生徒の名前も知らず、出欠も取ったことが無い。
「忙しい」と言って職員室でおやつを食べて雑談しているだけ。
そして、たまに教室に行ったかと思えば、
出来ない子どもを適当に怒鳴りつけるだけ。

1年間そんな事を繰り返された結果、そのクラスは
クラス人数45人いるのにかかわらず、学校に来ているのは常時10数名という状態、
不登校率7割という状態になりました。

そんな崩壊した子ども集団を残して、
「あ~失敗。もう面倒だから無理。あとはお願い。」
と言ってくる神経は、理解など到底出来るものではありません。

ただ、その女性教諭も開き直って全く聞く耳も持たず、
最終的には見かねた男性教諭がそのクラスの担任を交代することになりました。

この女性教諭に限った話では無く、ザンビアの多くの学校で状況は同じなので、
こういう教員に対する僕のスタンスはもう決めています。
「何もしない」です。

そのスタンスで何年間も働いてきて、そしてその風土が多数派である学校において、
外国人が小言を言ったところで良いことは一つもありません。
それよりも、圧倒的少数派であってもここで交代を申し出られるような
熱意ある男性教員のサポートを全力で行い、
学校の片隅に少しでもいいから「子どものために何が出来るか考える」雰囲気を
そうしたザンビア人と一緒に作ること、それが自分に出来る事だと思っています。

 + + + + +

ヨーロッパや日本のように、
社会の変化からの必要に迫られて「学校」という装置が作られたのと違い、
ザンビアでは先進国の真似事をして「学校」という仕組みを
形だけ維持させているだけのように感じることが多々あります。

一体この国に「学校」を作ることにどんな意味があるのだろう、
ずっと向き合い続けてきた問いであって、
多分正解は2年経っても出せない問いのだと思います。

でも、少なくとも、
この女性教員のような、責任感が無く努力する価値も知らない大人を
再生産しないことは求められていると思います。

あせらない、あわてない、あきらめない。
スポンサーサイト

【2011/11/14 10:10】 |   〃  :困惑、怒
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。