上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週、再び日本からの知人グループがザンビアを訪れてくれました。

これで僕の任地を訪れてくれた日本人は、延べ14人目。
今回来てくれたメンバーは全員大学院の2年生で
修士課程の卒業旅行先としてザンビアを選んでくれました。
貴重な時間とお金を使って、記念すべき卒業旅行の行き先として
ザンビアに来てくれた事、とても嬉しかったです。

ザンビアでの滞在期間のうち、
僕の住む街マザブカには3泊もしてくれたので、
街や学校を見学するだけでなく、
広大な青空マーケットで買い物リストを渡して
「大人の初めてのお使い」をしてもらったり(笑)、
学校で異文化交流の時間を設けたり、
同僚の先生の自宅で鶏を絞めてザンビア料理を一緒に食べたりと、
ちょっとしたスタディ・ツアーのような企画を行いました。

DSC08923.jpg
日本のことを色々と紹介してくれました

DSC08930.jpg
生徒もウキウキ

IMG_7474.jpg
ここが「初めてのお使い」ゲーム会場

IMG_0061.jpg
買ってきた鶏は自分達で捌いてもらいました

そして、当校カオンガBasic Schoolの子ども達には、
「日本から来るお客さんにダンスを見せよう!」
と言って「日本文化クラブ」を創設し、
生徒有志を募って本番の数週間前からソーラン節を教えていました。

昨年8月に日本人グループが来てくれた際にも
ソーラン節の指導はしていたので、
今回はただ踊るだけでなく、
クオリティを高めることも生徒に求めました。

興味本位で1~2回だけ練習に来て飽きる生徒が大半だった中、
熱心に練習して本番まで最終的に残った生徒は約10人でした。

金八先生最終回でソーラン節を踊る動画を鑑賞したり、
生徒の踊りを毎回ビデオに撮って修正個所を確認させたりしながら、
生徒中心に練習を重ねさせました。
また、前回は用意できなかった「はっぴ」と「ハチマキ」も調達して、
衣装も日本風にして本番に臨みました。

期末テストも運動会も、あらゆる学校行事の準備が
当日か前日にしか始まらないザンビアの学校で、
何かに向かって毎日(と言っても2週間ちょっとですが)練習するという経験自体、
生徒達には初めてのことだったと思います。

例えば運動会であれば、
練習しててもしてなくても、本人にヤル気があっても無くても、
どれだけ生活態度が悪くても、一番足の速い生徒を勝手に先生が代表に選ぶだけです。
「学校行事の教育的価値はその準備の過程にある」という事を他の先生に伝えたくて、
わざと目につきやすい教室を使って練習をしてきました。
本番前日には緊張の表情を浮かべていた生徒達が印象的でした。

DSC08945.jpg
Kaonga Basicソーラン隊

DSC08950.jpg
元気いっぱいの踊りです

このウェルカムダンスを観てくれた日本人ビジターの一人が、
ザンビアの子ども達のソーラン節を踊る姿に感動したと言って、
涙を流してくれました。
そんな美しい心を子ども達の前で見せてくれたことが、とても嬉しかったです。

 + + + + +

ザンビアの子ども達にも、こんな大人になって欲しい。
カンニングも不正も何でもありの中で
結果だけが評価される環境に慣れ切ってしまった子ども達に、
出来ない子どもを「ダメな奴」と切り捨てるだけで、
自分のクラスのテスト結果を改ざんすることが当たり前の腐った教師に囲まれた子ども達に、
目標に向かって努力を重ねることそれ自体の素晴らしさを知って欲しい。
スポーツや芸術に触れた際に、パフォーマンスを観て囃し立てるだけでなく、
そこに至るまでの長い道のりに想いを馳せ、
「頑張ったね」と讃える事の出来る大人になって欲しい。
そんな願いを、自分以外の外国人からも伝えてもらったようです。

彼女の涙は、ザンビアの子ども達に何かきっと大切なことを教えてくれた気がします。


また、当日はこんなハプニングもありました。
いつも元気いっぱいで生徒の中ではリーダー的な存在なのに、
どうしても毎回練習に遅刻してくる一人の女子がいたのですが、
その子が、とうとう本番にも遅刻して日本人の前で踊ることが出来ませんでした。
というより、僕の方が彼女を待たずに予定時刻通りに踊りを始めました。

学校に限らずどんなシーンでも、
常に予定時刻より数時間ダラダラと物事が遅れるのがザンビア。
「どうせ遅刻したってどうにかなる」
という空気が生徒の間にも教師の間にも蔓延しており、
ごく一部の時間通り来る真面目な人間が冷笑されるような風潮があります。

そんな当校の風潮を変えたくて
時間を守らせるための手立てはアレコレとしていたものの、
それでも彼女は遅刻常習犯だったうちの一人。

普段は遅刻してもケロッとしている彼女が、
この日は練習してきた踊りを見せられなかったことを知って、泣き出しました。
こうやって自分の過ちを後悔することの出来るのは、
それだけで十分に立派な子だと思います。
「次はちゃんと遅れずに来るようにしないとね」と僕は一言言って終わり。
彼女がこの先、もっと大切な場面で遅刻しないよう、
今日の事を忘れずにいて欲しいと思います。
そして、今度は8月に日本人グループを招待する予定なので、
今度こそ練習の成果を日本のみんなに見せてもらいたいと思います。


こうして僕の任地を訪れてくれる日本からの友人の一人一人が、
生徒達にとってはかけがえの無い大人のお手本です。
日本のみんなとの出会いは、日本のみんなが考えている以上に、
ザンビアの子ども達、そして教師達のの心に残ります。

2012年8月前半には、現在大学1年生&高校3年生のグループが、
ザンビアを訪れてくれる計画を立てています。
僕が日本にいた時に高校生だった教え子達や、
去年ネットを介して交流していた高校生達です。

興味があれば、どうぞ一緒にザンビアにお越しください。
また、それ以外の時でも僕の任地はいつでも日本の皆さんをお待ちしています。

今回ザンビアを訪問してくれたTさん、Zさん、Hさん、
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

【2012/03/05 23:24】 |   〃  :嬉、喜
トラックバック(0) |


しまもとこ
>自分のクラスのテスト結果を改ざんすることが当たり前

すごいですね・・・。そんな環境で頑張ってる桐生くんを尊敬します。私だったら、とっくに心が折れてるなぁ・・・。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>自分のクラスのテスト結果を改ざんすることが当たり前

すごいですね・・・。そんな環境で頑張ってる桐生くんを尊敬します。私だったら、とっくに心が折れてるなぁ・・・。
2012/03/31(Sat) 10:38 | URL  | しまもとこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。