上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週まで約2週間、私用で日本へと一時帰国していました。
ザンビアに帰ってくると、出国前は冷たく乾いていた空気が、
朝晩でも温かいくらいになっており、
自分が居ない間にも季節は移り変わっていたことを肌で感じました。

たった2週間離れて頂けなのに、
ザンビアの景色が、空気が、音が、匂いが、
まるで別世界のように感じられました。

地平線を染め上げる大きな夕日も、
「アンクル・キリウー!」と言って毎日駆け寄って来てくれる近所の子ども達も、
たまにイライラさせられるけど愉快な同僚達も、
いつもそこにあったはずなのに、
とても愛おしく思われました。

本帰国まであと4ヶ月。
残りの時間で何をザンビアに、そして自分の中に残せるのか分かりませんが、
自分を支えてくれている全ての人達に感謝して、
毎日を大切に生きていきたいと思います。

明後日から、いよいよ隊員生活最後のターム!

+ + + + +

1年7ヶ月ぶりに帰国した日本について感じたことも、
書き留めておきたいと思います。

感じたことは沢山ありましたが、一番考えさせられたのは、
「小さな幸せとの距離感」でした。
ザンビアに居る時は、例えば水が昼間に出たというだけで嬉しくなったり、
飼っている鶏が卵を産んだから生卵が食べられるとはしゃいだり、
日常の些細な出来事が、全て大きな幸せに思えました。
それが日本にいると、何もかもが手の届く範囲にあるために、
感動の閾値がどんどん高くなってしまうように感じました。

日本にある沢山の小さな幸せに対する感動を忘れないためには、
どんな暮らし方をしていけばいいのだろう。
2010年冬に色川に行った時にも感じたことを、一層強烈に感じました。
協力隊の2年間は、国際協力やボランティアのことだけでなく、
その後の生き方全部を考えさせられるような時間だったように思います。
まだ結論は出ていませんが、少なくとも、
東京にはもう住みたくない、と思ってしまいました。
学生の時には「絶対東京!」と言っていたのに、人の考えは変わるものです。
どこで教員をやるにしても、小さな幸せに感動する余裕を忘れず、
日本の良さに意識的に子ども達にも伝えていきたいと思うようになりました。

以下、一時帰国中に感じたことの箇条書きです。

・人と会話しないといけない機会が少なすぎる。成田空港に到着してから新潟に帰るまで、誰とも会話せずに行けてしまう。ボタンを押すだけで、新幹線の切符が手に入り、お釣りが勝手に出てくる。まるでSFの世界。あまりに物事が自動化されすぎていて、スムーズに運びすぎて、トラブルに対処する力が身に付かなくなっちゃうんじゃないの?

・世界共通語にもなっている日本人の「おもてなし」には感動しっぱなし。自分達だけのために走ってバスを追いかけてくれたホテルのお姉さん、擦り傷を負った自分達に消毒薬やガーゼをくれて心配してくれて「お代は結構ですよ」と言ってくれる温泉のお兄さん。この優しさを、日本人はもっと誇りにしていいと思う。そして、それを当たり前とでも言うかのように横柄な態度を取るおじさん。一度アフリカで働いてみろと言いたくなる。

・食べ物が美味しすぎる。食文化が豊かすぎる。世界中の食べ物が手に入りすぎる。2週間の滞在期間中、一食一食、一口一口にずっと感動しっぱなしだった。日本到着日に入ったラーメン屋さんでは、あまりの美味しさに胸がいっぱいになって、ラーメン一杯食べきるのに1時間くらいかかった。お寿司、納豆、餃子と生ビール、焼酎、熱燗、蛸わさ、エイヒレ、豚しゃぶポン酢、しめさば、明日葉の天ぷら、温泉卵、梅干し、味付け海苔、春菊の味噌汁、漬物、サバの味噌煮、コンビニプリン、鯵のなめろう、鮭の塩焼き、カツオのたたき、ひじき、しらす、揚げ出し豆腐、釜飯、カキフライ…。一回だけ入った「居酒屋」、涙が出そうなくらいに美味しかった。

・倒木に生す苔、山間を流れる清流、そんな景色に足を止められファインダーを向ける自分の原風景は、やっぱり日本の山なのだと再確認した。

・通勤ラッシュの時間帯に池袋駅を通った時、まるで一つの生き物みたいに大量の人間が同じ方向に黙って歩いているのを見て気持ち悪くなり、吐き気を感じてその場に座り込みそうになってしまった。つい4年前までは自分がこの群れの一部として通勤していたのに。帰国した隊員の中には、沢山の人間に会うのが怖いと病院にかかってしまう隊員もいると聞いていたが、あり得ると感じた。

・夜の東京の不健全さ。何で25時の街の中にこんな風に人が歩いていて、煌々と灯りが点いていて、客引きがあって、電車が満員なの?こうして、本来活動しなくたっていい時間にまで人間を活動させるように書きたてて、誘惑するような産業によって成り立つ経済なんておかしい。自由経済によって人々の選択肢が増えている訳じゃなくて、消費を無理やり掻き立てられているだけだよ。
スポンサーサイト

【2012/09/01 23:30】 | 未分類
トラックバック(1) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/09(Fri) 15:04 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/21(Mon) 02:46 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/24(Thu) 09:32 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/13(Wed) 05:34 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/13(Wed) 16:50 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/26(Tue) 12:13 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/28(Thu) 08:18 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/01(Mon) 23:30 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先週まで約2週間、私用で日本へと一時帰国していました。ザンビアに帰ってくると、出国前は冷たく乾いてい
2012/11/22(Thu) 12:02:17 |  まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。